PR

 ついに韓国でも、米アップルの新型スマートフォン「iPhone 5s」「iPhone 5c」が発売されることになった。2013年10月9日、アップルは10月25日から韓国など51カ国でiPhone5s/5cを発売すると発表した。日米などに続く第2弾の発売である。

 同じ10月9日に、サムスン電子は世界初という曲がったディスプレイのスマホ「GALAXY ROUND」を発表した(関連記事)。

韓国サムスン電子の曲面ディスプレイ搭載スマートフォン「GALAXY ROUND」
韓国サムスン電子の曲面ディスプレイ搭載スマートフォン「GALAXY ROUND」
[画像のクリックで拡大表示]

 さらにサムスンは従来機の「GALAXY S3」と「GALAXY Note 2」を“実質無料”で販売すると発表した。「MNP(番号乗り換え制度)で12カ月以上の契約で、月額約3000円以上の料金プランに加入する」という条件付きではあるが、このタイミングでの値下げは、iPhone5s/5cの発売に合わせたのではないかと疑いたくなる。主力スマホの「GALAXY S4」も大手量販店で8割引の1万5000円ほどで販売を始めた。

手元にすっぽり収まる形状

 新たに発売されるGALAXY ROUNDは曲がったディスプレイを搭載した世界初の「カーブド(curved)スマートフォン」である。曲がったディスプレイというので、掛け軸のように丸められるディスプレイのことかと思ったが、そこまで曲がるわけではなく、少し曲がったままのディスプレイだった。形が似ているとして、SNSでは早速“瓦”というニックネームが付いた。

GALAXY ROUNDの“瓦”のような外観
GALAXY ROUNDの“瓦”のような外観
[画像のクリックで拡大表示]

 5.7型のFull HD Super AMOLEDディスプレイの左右曲率が400mmなので、若干左右が丸くなっている感じだ。手に持つと、手のひらのカーブに沿ってすっぽり収まるのでグリップ感はとても良い。通話する際にも耳の周りにくっつく感じなので、イヤホンをしてスマホのマイクを口の前に近づけなくても大丈夫だ。

GALAXY ROUNDを上部から見たところ。カーブは手のひらになじみやすい
GALAXY ROUNDを上部から見たところ。カーブは手のひらになじみやすい
[画像のクリックで拡大表示]

 CPUは2.3GHzクアッドコア、メモリーは3GB RAM、カメラは1300万画素と仕様は「GALAXY Note 3」(関連記事詳細レビュー)とほぼ同じ。だが、曲がったディスプレイはガラスではなくプラスチック素材なので、GALAXY Note 3よりも薄く(7.9mm)、より軽く(154g)なった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い