PR

 みなさん、モバイルしていますか? スマートフォンの秋冬モデルは、ソフトバンクとKDDI(au)から発表されした。前回のコラムにて紹介しました(関連記事:iPhone以外にも魅力的な新機種が続々リリース)。

 2013年10月10日、NTTドコモから2013年秋冬モデルが発表されました。注目は何と言っても、CEATEC 2013で参考出品されていたソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Z1」とサムスンの「GALAXY Note 3」です。しかし、予想に反して、この2機種は小さな扱いでした。

 まず、ソフトバンクもauも、機種を絞り込んだ形の発表だったのに比べて、NTTドコモは、スマートフォン10機種、フィーチャーフォンなどを入れると16機種も発表しました。今後は、iPhoneに注力していくと思われていましたが、従来と変わらないAndroidスマートフォンを投入してきました。これはうれしい誤算でした。

図1 大量16機種を発表
図1 大量16機種を発表
[画像のクリックで拡大表示]

 前回の「ツートップ路線」を廃して、「おススメ機種」が発表になりました。このおススメが、CEATECでお目見えした「Xperia Z1」でも「GALAXY Note 3」でもなかったのです。おススメ機種となったのは、「AQUOS PHONE ZETA」「ARROWS NX」「Xperia Z1 f」という意外な機種が選ばれました。

図2 おススメ機種。左から「AQUOS PHONE ZETA」「ARROWS NX」「Xperia Z1 f」。
図2 おススメ機種。左から「AQUOS PHONE ZETA」「ARROWS NX」「Xperia Z1 f」。
[画像のクリックで拡大表示]

 XperiaとGALAXYとしては、Xperia Z1、GALAXY Note 3に加えて、2機種が発表されました。前述の「XPERIA Z1 f」と「GALAXY J」です。どちらも高スペックではありますが、ライトユーザーでも使いやすいデザインとなっている機種です。

図3 「Xperia Z1 f」。「Xperia Z1」のスペックで4.3型と小型。
図3 「Xperia Z1 f」。「Xperia Z1」のスペックで4.3型と小型。
[画像のクリックで拡大表示]

図4 「GALAXY J」。日本専用モデルとして開発。
図4 「GALAXY J」。日本専用モデルとして開発。
[画像のクリックで拡大表示]