PR

直井研究員(以下直井):所長。前回鎌田さんから届いた長いメールの最後に、「追伸」が書いてありました。この「追伸」の使い方を知りたいというメッセージをいただきましたよ。

平野所長(以下平野):鎌田さんのメールのこの部分だね。

[画像のクリックで拡大表示]

直井:追伸に、「セミナーの講師料のお見積もりをいただけますか」と書いてありました。見積もり依頼のような重要なことは、追伸ではなく本文に書いた方がよいですね。

平野:そうだね。メールの追伸には、本文に書くまでもないけれど、触れたら相手が喜ぶような、ちょっとした一言を書こう。本文の用件に関することは追伸には書かないよ。だから追伸は、毎回は書かない。

直井:セミナーの講師料の見積もり依頼は用件に関することだから、追伸ではなく本文に書いた方がよいわけですね。メールの追伸って“おまけ”のような印象を受けます。

平野:追伸には、相手に目を通してもらえばよくて、返信は不要なことを書く。本文の用件を補足する場所とは少し違う。

 本文で書き忘れたことがあって、それを追伸で伝えるのは、メールの場合はお勧めできないな。手紙と違って、途中で書き忘れに気付いたら、適切な場所に文章を付け加えられるからね。

直井:追伸を書く場所は、署名の上ですか?