PR

 紅葉が始まった世界自然遺産の白神山地。誕生日記念のトレッキングにとホンの小手調べツアーに参加してきた。う~~ん、紅葉には1週間早くて、山の樹木が色づいてきたところだったが、以前お約束した現地でのデータ通信電波状況は確認できた。結論から言うと山の中では無力、ビジターセンターだけは一部のキャリアが限定的に使えるのみ。沢に踏み込んだりしたら大変なことになるなと、実感したトレッキングだった。

Nexus 7はほとんどの場所でNTT回線つかめず

 前回、SIMフリー&テザリングできる機種として面白く使えそうと、Nexus 7 2013年モデルを購入した話を書いた。SIMにはNTTドコモの3Gおよび高速のLTE回線(FOMA/Xiサービス)が使えるというIIJmioの「ウエルカムパック for BIC SIM」を用意してNexus 7に装着、FOMAエリアで接続できるので、これはイイ!と思ったのもつかの間、友人にFOMAプラスエリアでは使えないよと指摘されて、奈落のどん底に落ちていた。

 とは言え、世界に冠たるNTTのネットワーク。現地では何とかなるのでは、と淡い期待を寄せて現地入りしたのだが実際、行きの東北新幹線の中は快適だった。Nexus 7をWi-Fiのアクセスポイントにして、iPadを活用した。画面の大きさ・精細さ、必要なアプリケーションをコレクション、タッチ操作の反応の良さ、などを考えるとやはりこれでなくちゃ、と思わせる。

 というわけで、iPadでメールを確認したり、新聞紙面を楽しんだり、Facebookでコメントを投げたり、列車の現在位置をマップ上で確認しながら楽しい誕生日旅行が始まった。

 奥入瀬、白神と巡って行くと、つながるところ、ほとんどなし。う~~ん、やはり、FOMAプラスエリア対応機をきっちり選択するのが肝心だと痛感した(図1)。

図1 山道を散策しようとしても、地図が出てこないことには……どこか、ネットワークがつながるところで地図データを一時的に表示させておけばよかったと後悔するが、後の祭り。
図1 山道を散策しようとしても、地図が出てこないことには……どこか、ネットワークがつながるところで地図データを一時的に表示させておけばよかったと後悔するが、後の祭り。
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、事前にお断りしておきたいが、今回使ったデータ通信デバイスはNexus 7 2013 LTEモデルとiPhone 4s(ソフトバンクモバイル版)。諸事情があって800MHz帯のLTEに対応したiPhone 5sの各社製品を持ち込んでいないので、あくまでも特定状況下での接続状況をレポートしているだけであることに注意していただきたい。ここで、「FOMAにつながらなかった」という表現は単純にNexus 7でつながらなかった、というだけで、NTTドコモ版ないしはKDDI(au)版のiPhone 5cまたはiPhone 5sを持ち込んだならつながる場合もある。機種選択情報のための一つの情報として読んでいただければ幸いだ。