PR

 今回は、最近じわじわと人気が高まっているランチャーを紹介する。Android向けのアプリもどんどん数が増えているのだが、やたらにインストールしていくと、よく使うものが探しづらくなる。アプリ一覧の画面を整理してもよいのだが、あとからどんどん追加されていくと、結構手間が掛かる。また、ホーム画面によく使うアプリを置いておくのもよいが、結局アプリ一覧とあまり変わらなくなってしまう。そこで、パソコンでいうところのスタートメニューのようなランチャーが人気を集めているのだ。

 今回紹介する「SidebarPlus」は、画面の横から呼び出せるランチャーだ。スマホでも使えるのだが、画面の広さを生かしてタブレットで利用するとかなり便利だ。

 アプリをインストールしても、あまり変化したように見えないのだが、実は画面の左からランチャーが呼び出せるようになっている。左から画面中央に向けてスワイプするのが基本操作だ。

 このアプリでは、主に3種類のランチャーが利用でき、それぞれを「バー」と呼んでいる。

 標準状態でも1つずつ登録されており、画面左から右にスワイプすれば表示可能だ。それぞれの切り替えは、画面の位置で区分されている。3種類のバーなら、画面の上、中、下と3箇所をスライドすると、それぞれ別のバーが表示される仕組みだ。5種類なら5箇所に分割される。画面左から中央に向かって、ほんの少しスライドすると、バーの区切りが見えるはずだ。

SidebarPlus
カテゴリ:ツール/価格:無料(有料オプションあり)

 

サイドバーを出した状態。アプリの起動などができるランチャーだ。
サイドバーを出した状態。アプリの起動などができるランチャーだ。
[画像のクリックで拡大表示]

本体を横にしても利用可能。
本体を横にしても利用可能。
[画像のクリックで拡大表示]

画面左をよく見ると3つの場所が分かるだろう。どこから中央に向かってスライドするかで、出てくるバーの種類が異なる。
画面左をよく見ると3つの場所が分かるだろう。どこから中央に向かってスライドするかで、出てくるバーの種類が異なる。
[画像のクリックで拡大表示]