PR

 今週、韓国のTwitter上では「コードレスフォンの子機で電話を受信するだけで18万円の過怠料」というニュースが話題になった。デマではないかと疑ったが、テレビのニュースにも登場した。

 「2014年1月1日から、900MHzの周波数帯を使うアナログコードレスフォンの子機で電話をかけたり、電話に出たりすると、周波数不法使用に当たり電波法違反で行政処分の対象になる」「過怠料として200万ウォン(約18万円)を支払わないといけない」という内容だった。

 その理由は、韓国政府の通信政策を担当する未来創造科学部が2011年に900MHz帯を大手通信事業者(キャリア)のKTに割り当て、LTEサービスのために使うようにしたことにある。KTは、900MHz帯は電波干渉が多いとしてサービスを始められずにいた。900MHz帯の電波を使うアナログコードレスフォンを使用すると、同じく900MHzを使うKTのLTEサービスの電波と干渉し、信号が途切れたり、速度が遅くなることもあるという。

 KTは2013年8月、LTE-Advancedのために1.8GHzの周波数帯を「落札」した。1.8GHz帯と900MHz帯を使い、基地局の負荷を分散してより通信速度を早くする「キャリアアグリゲーション」でLTE-Advancedサービスを始めるとしている。そのためにも未来創造科学部に「電波干渉問題を何とか解決してほしい」と要請していた。

韓国・仁川広域市にあるKTのLTE基地局で施設点検している様子
韓国・仁川広域市にあるKTのLTE基地局で施設点検している様子
[画像のクリックで拡大表示]

周波数帯使用期限が迫るまで、政府は周知せず

 未来創造科学部は、900MHz帯を使うアナログコードレスフォンは2003年から2006年にかけて販売されたもので、まだ10万人近くが使っていると説明した。2007年からは1.7GHz帯や2.4GHz帯の周波数を使うデジタルコードレスフォンだけ販売しているので、最近購入したコードレスフォンは問題ないという。ところが、インターネットショッピングモールでは、今も900MHzのアナログコードレスフォンが販売されている。

 未来創造科学部は、2006年10月の時点で「コードレスフォンの900MHz帯周波数使用期間は2013年12月31日まで」と決定したとしている。しかし未来創造科学部はあと2カ月半で10万人以上の人が過怠料を払うことになるかもしれない重要な事項を、Webサイトに告知文を掲載しただけで、何も宣伝活動をしていなかった。