PR

 「Note Anytime」の開発元であるMetaMoji(メタモジ)から、新しいアプリ「Share Anytime」が登場した。書類をシェアして相互に書き込もうというコンセプトなのだが、はっきり言ってその仕組みやメリットを理解するのには少し時間が掛かるだろう。しかも、1人で使ってもほとんど意味のないアプリなのだ。

 会議などで配布されていた紙の書類がタブレット+Share Anytimeに変わったと考えると分かりやすい。タブレットやパソコンに同じファイルを表示するだけでいいなら、これまでにも色々な方法があったのだが、相互に操作できてしまうのがすごいのだ。

 例えば、司会者である僕がページをめくると、話を聞いている参加者の手元のiPadでも自動的にページがめくられて、同じ部分が開く。

 さらに、相互に画面に書き込んだメモなどもそれぞれに反映するのだ。つまり、会議で手元の書類に上司が書き込んだ疑問点が、スタッフ全員の資料に反映するわけだ。

 これぞ、デジタルたる先進性だ。従来は、数名でのプレゼンでもプロジェクターやテレビなどを利用して、全員が同じ画面を見て話を進めることが多かった。せっかく顔を突き合わせているのに、視線は投影先と手元の資料を見ていることがほとんどだった。

 ところが、Share Anytimeを使えば相手の顔を見ながら話を進めやすくなる。また、インターネットの回線がつながっていればよいので、離れた場所にいる相手とも同じ資料を見ながら打ち合わせができる。ただし、チャットは搭載されているが、通話機能はないので、必要に応じてSkypeなどを裏で動かすことになる。

 まずは、動画で2台のiPadを使ったデータ反映の様子をご覧いただきたい。

Share Anytime
カテゴリ:仕事効率化/価格:無料(有料版、アプリ内購入あり)



スライドのページめくりや書き込みがスムーズに反映する。