PR

 韓国で人気のオンラインゲーム。スマートフォンが普及してから、ゲームもすっかりモバイルが主流になったと思ったら、まだまだ根強い人気を誇るパソコン用オンラインゲームがあった。「League of Legends」、略してLOL(ロール)と呼ばれるゲームである。

「League of Legends(LOL)」のゲームサイト
「League of Legends(LOL)」のゲームサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 米ゲーム会社Riot Games社が2009年に開発したLOLは、世界145カ国の7000万人以上のユーザーが利用している。ゲームサーバーにアクセスする人は1日平均1200万人、同時接続者数は300万人超という数を誇る。ユーザーのゲーム時間を足すと、月1億時間を超えるというからこれまたすごい。

 LOLのやり方は、簡単にいうと3対3または5対5で、相手の「Nexus」という本部を先に破壊できるかどうかを競うネットワーク対戦型ゲームである。それぞれ使える技が違う100以上あるチャンピオン(キャラクター)から選択し、知らない人と一緒にチームになって対戦する。

各国の選抜を勝ち抜いた「プロゲーム団」が競う

 LOLは韓国でも大人気だ。自分でプレイするのはもちろん、観戦して楽しむオンラインゲームとしても人気がある。「プロゲーマー」が参加する世界大会まである。Riot Gamesが主催する「League of Legends Championship Series」の世界王者を決めるワールドチャンピオンシップの賞金総額はなんと200万ドル、2億円近い。優勝すると100万ドル、2位は25万ドル、3位は15万ドルと上位14チームまで賞金がもらえる。

 Riot Gamesによると、2013年9月から10月かけて開催されたワールドチャンピオンシップは、ケーブルテレビ中継とネット中継合わせて全世界1000万人以上が視聴したほど人気だという。米ロサンゼルスにあるStaples Centerで行われた決勝戦には1万1000人の観客が集まった。Staples CenterといえばプロバスケットボールNBAの試合やグラミー賞の授賞式が行われる有名な大型室内体育館である。

 チャンピオンシップに参加したのは、各国の選抜大会を勝ち抜いた代表たち。決勝では韓国と中国のプロゲーマーが戦い、韓国のチーム「T1」が優勝した。