PR

 今回のプログラムは、既にあるたくさんのファイル名を一気に変換するというものです。次のような場面を想定しています。ある会社の部長と部下のJ君の会話です。

部長「今回の部署再編は、大々的なものになったね」
J君「部署の名前が代わり、メンバーも大半が入れ替えになりました」
部長「それで、前の部署からデータを引き継いだけど、大量のファイルが…」
J君「部署名と前の担当者がファイル名に書かれてますね」
部長「それで、相談なんだけど、新しい部署名に変えてもらえないかな?」
J君「なんと、100個以上ありますね」
部長「せっかく部署名を変えるなら、ついでに担当者名も変えてくれないかな?ここに、新しいメンバーのリストがあるから、明日までによろしく」
J君「えっ、明日までですか?!」
部長「ほらっ、あれっ、J君は『仕事に役立つプログラミング』の連載読んでるでしょ?あれを参考にしたら、3秒でできるよ、たぶん!」
J君「本当ですか?(不安)」

右が変更前、左が変更後。
右が変更前、左が変更後。
[画像のクリックで拡大表示]

 実際のところ不安に思うことはありません。確かに、プログラムを作ってしまえば3秒もかからず、一瞬でファイル名を変更できるでしょう。プログラムを3秒で作ることはできませんが、ファイル名を一気に変えるだけのプログラムであれば10分、本連載のプログラムを改編して使うならば数分で足りるでしょう。