PR

 「MWCはエコシステムカンファレンス」――。2014年2月24日から27日までスペイン・バルセロナで“モバイルの祭典”とも言われる「Mobile World Congress 2014」(MWC2014)が開催された。冒頭の言葉は、MWC2014も終盤に差し掛かった2月26日夕方、キーノートスピーチに立った米IBM CEOのVirginia Rometty氏が語った言葉だ(写真1)。

写真1●Mobile World Congress 2014のキーノートスピーチに登壇した米IBM CEOのVirginia Rometty氏
写真1●Mobile World Congress 2014のキーノートスピーチに登壇した米IBM CEOのVirginia Rometty氏
[画像をクリックすると拡大表示]

 モバイルの祭典に、エンタープライズIT業界の巨人である米IBMのCEOが登壇すること自体、MWCがエコシステムの場であることを象徴している。

 元々通信機器メーカーが欧州の通信事業者に機器を披露し、売り込む場だったイベントが、携帯電話の世界的な普及とともに巨大化。さらにスマートフォンの登場によって部品から上位レイヤーのサービス、周辺ソリューションをも巻き込み、「機器を売り込む場」という性格は残しつつも、モバイルに関わるあらゆる製品やサービスが披露される場となった。