PR

 今回から、タブレット全般を網羅した連載をスタートする。中心は、おなじみのAndroidタブレットとiPadに加え、Windows 8を搭載する製品も含めて取り上げていく。ハードだけでなく、アプリやクラウドサービス、周辺機器まで全網羅で掲載していく。

 第1回は、各タブレットの弱点を丸裸にしていきたいと思う。そもそも、「良い点」ではなく、「弱点」としたのは、その方がタブレット選びが簡単になるからだ。例えば、メールのチェックやWebを見るような基本作業なら、どのタブレットでもほぼ満足して使える。“それ以外の部分”にフォーカスしてこそ違いが見えてくるのだ。

 個人でタブレットを購入する方だけでなく、仕事のためのタブレットを選ぼうと考えている方も、ぜひ注目していただきたい。

左から、Windowsを搭載する「ThinkPad Tablet 2」(レノボ・ジャパン)、Androidを搭載する「Nexus 7」(ASUS)、iOSを搭載する「iPad Air」(アップル)。
左から、Windowsを搭載する「ThinkPad Tablet 2」(レノボ・ジャパン)、Androidを搭載する「Nexus 7」(ASUS)、iOSを搭載する「iPad Air」(アップル)。
[画像のクリックで拡大表示]