PR

 普段使いの道具ものというは、購入当初は丁寧に使っているものの、だんだん扱いが雑になったりする。そして日常の道具として手となり足となり、現代では目となり耳となり使われてゆく。

 今は電車に乗りこむや否や皆スマホをいじっている。目的地に着くとぞんざいに鞄に放り込んだり、ポケットに突っ込んだりして足早に降りる。そしてまたホームでスマホ画面を見る。

 いやはや、いやはや~。なんて人のことばかりは言えない。時には僕だって似たようなことをしているはずだ。僕の場合、携帯電話として未だBlackBerry 9900を使っている。ドコモから撤退してしまって途方に暮れつつ使い続けている。

 余談だが、このハードキーの使い易さは使っている人からは絶大な支持を得られるのだろうが、使ってない人から見るとあまりうらやましがられることもなく、便利さを理解されることもほとんどない。

 ん~ホント、ハードキーいいんですよ~。海外ではBlackBerry Q5だ、Q10がいいなんてレビューが飛び込んでいる。最新だとQ20が発表になったとかならないとか。

 また日本から撤退後になるのだが、最新BlackBerryのOSは日本語にも対応しているというから驚きの時間差である。通販なりで手に入れようかどうしようか悩んでいる。海外で購入したものを日本で無理に使うとどこかでその無理が出てくる気もするし・・・いや気がするだけで、欲しい道具は買っちゃえ~。と脳の中で黒いベリーと白いベリーが会話しているのだ。

 もちろん黒いベリー派だが、国内メーカーさんからもハードキーが打ちやすいAndroid機種を投入してほしいなぁ。多様性としてもひとつくらいは担保しておくほうが、いいと思うのだが、どうだろう。

 さて、今回は僕のもうひとつのポケットの道具、「iPod touch」だ。

 今では、JRでも地下鉄でもWi-Fiを自由に使えるので便利、便利。とはいえ、普段から持ち歩いてはいるが、携帯電話と違って手にする回数は少ない。このところ、ベルトにちょこんとぶら下げるフェルトのおしゃれなケースを見つけたのでぶら下げていた。

 何せ薄いし軽いし、つけているのを忘れるほど。出かける際に装着するのだが、一度も手にすることなくウチに戻ることもたまにはある。

 この日も出かけて、うちに戻ると、フェルトのケースごとない。アレ? 持って行かなかったかなぁ。とウチの充電器のとこにもなければかばんの中にもない。アレ??? やや気になる。