PR

 ソニーの「WG-C10」は、ポータブルワイヤレスサーバーと銘打たれた製品で、iPhoneとWi-Fiで接続して、USBメモリーやSDカードのファイルをやりとりできる。メモリーカードスロットを持たないiPhoneにとっては、なかなか役立ちそうだ。撮影した写真をUSBメモリーにコピーして人に渡したり、デジカメの写真を取り込んでメールで送信したり、クラウドにアップロードできるわけだ。

 ちなみに、今回はiPhoneとの連携を紹介するが、iPadやAndroidタブレットでも利用できる。

 製品のサイズは、小さなデジカメ程度で、鞄に常備しておいてもさほど負担にはならないだろう。135gとかなり重いのはバッテリーを内蔵しているからだ。本体を動作させる電源になるほか、スマホへの給電にも対応する。容量は2210mAhとさほど多くないので、スマホ1回分の充電ができるかできないかと言ったところだろう。どちらにしろ、電池を使い切るとワイヤレスサーバーとしては利用できなくなる。緊急避難的に、ちょっと充電する程度の使い方が現実的だ。また、出力が500mAでタブレットへの充電には対応していない

 本体は樹脂製だが、ソニーらしく安っぽさは皆無。借りたモデルは白とシルバーのカラーも清潔感があっていい。

外付けバッテリーのような外観の「WG-C10」だが、ワイヤレスサーバーだ。
外付けバッテリーのような外観の「WG-C10」だが、ワイヤレスサーバーだ。
[画像のクリックで拡大表示]

iPhoneとサイズを比較。
iPhoneとサイズを比較。
[画像のクリックで拡大表示]

本体にバッテリーを内蔵するのでパソコンなどから充電する必要がある。
本体にバッテリーを内蔵するのでパソコンなどから充電する必要がある。
[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

USBポートとSDメモリーカードスロットを搭載する。
USBポートとSDメモリーカードスロットを搭載する。
[画像のクリックで拡大表示]