PR

 先だって、米フェイスブックが米オキュラスVRを買収することが明らかになった(ITproの関連記事)。

 オキュラスVRの製品(ディベロッパー用開発キット)である「Oculus Rift」はバーチャルリアリティーを体験できるヘッドマウントディスプレイ(HMD)で、コンピュータのゲーマーたちに人気だ。私も装着してみたことがあるが、目をすっぽりと覆うHMDは視野角が広く、本当にイマーシブ感(没入感)が高い。

 しかも、頭の動きに合わせて画像が動く。あたりを見回したり目を向けたりといった動作に風景が連動し、そのリアル感がこれまでのHMDとは全く異なっているのだ。

VRゲーム用ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」の開発キット「Development Kit 2」(DK2)
VRゲーム用ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」の開発キット「Development Kit 2」(DK2)
[画像のクリックで拡大表示]

 フェイスブックがこの会社を買収して何をしようとしているのかは不明だが、このニュースで不穏な心持ちになった人々がたくさんいた。それは、クラウドファンディングの「Kickstarter」でオキュラスVRの立ち上げをサポートした1万人近い人々だ(Kickstarterのキャンペーンサイト)。