PR

 以前、お話させていただいたヒゲ問題。3月6日分でございます。

 そのときのブツをついに入手!

 貝印の「Xfit(クロスフィット)」。すぐにお伝えしようと思ってはいたものの使用感もろもろもと思いましてしばらく使ってみることに。普段はシェーバーで「ジジジジ・・・・」のところ、このところほぼ毎朝「Xfit」でジョリジョリッ。

 このほぼというのは、我々出勤というものがないので「白い恋人」ならぬ「ヒゲの濃い人」としては、なるべく本番前がいいので、夜公演のみの場合には夕方頃ジョリジョリとなる。なので「ヒゲの濃い人」が集う楽屋では鏡に向かいてジョリジョリの光景が広がってそれはそれで何かの儀式のようでいい。

 また時々やらせていただくテレビのお仕事などのメイク室でも
「あのぉヒゲ濃いので・・・そのあたりナニで・・」
「そうですねぇ、でもこれくらじゃそうでもないですよ」
「すごい方、いらっしゃいますよ~」。

 その後、歴代濃いヒゲ列伝を聞いた。上には上がいらっしゃるようだ。

 さて、この「Xfit(クロスフィット)」、実は通販で購入したところ結構時間がかかった。人気商品なのか生産が間に合ってないのか理由はわからないが、ヨドバシドットコムで注文したところ二十日ほどかかった。

 貝印のオンラインショップだと早かったのかもしれない。まぁそれほど急いでいるわけではないので、早速開封。ようやくやってきた「Xfit」君だ。ホルダーと替え刃が4つ付いて700円ほどというこれまでにはないコストパフォーマンスになっている。

 おおぉ~~。

 以前使っていた、ジレットやシックの半分以下の値段である。それら海外のカミソリの替え刃を8個とはいえ3000円近くするのを買っていた時期もあった。10年以上前の二ツ目の頃である。その頃なのでなんとか長く使おうと思って日々使っているとヒゲと皮膚がガサガサになったのを覚えている。

 だいたいこれくらい使えばいい、というのもわからなったというのもあった。

 ホテルに置いてあるカミソリなどではカミソリ負けをおこしていたし、何が一番合うのかしばらくカミソリ放浪していたほどだった。海外カミソリはホルダーも立派でかっこよかった。これで一生モンだぜぇ。あとはお気に入りの替え刃だぁ!!と意気込むが、ホルダーは旅先の温泉など浴場で何度なく無くしたし、はたまたメーカーの違う替え刃を買ってきたり、メーカー同じでもシリーズの違うホルダーで全く合わず・・という理由で一生モノのはずのホルダーも何本も買ってガッカリした記憶がある。

 もちろんジレット師匠やシック師匠はそれ相当のお仕事をしてくれる実に素晴らしいカミソリ名人であったことはお伝えしておきたい。