PR

 米アマゾンが自社製スマートフォンを発売することが明らかになり、またそこに裸眼で3D画像が見えるスクリーンも搭載されることが話題になっている。

 実は、このスマートフォンのフィーチャーはまだまだあるようで、新たに噂になっているのは、ジェスチャーとかティルト(傾けること)による入力だ(ITproの関連記事:Amazonが開発中のスマホ、タッチ要らずのチルトインタフェース搭載)。

 先におさらいしておくと、アマゾンのスマートフォン前面には通常のカメラに加えて4つの赤外線カメラが備えられている。リークされたという画像を見ると、そのカメラがスクリーンの四隅に埋め込まれていて、かなり圧巻である。

 このカメラが、ユーザーの視線や頭の位置をトラックして、センサーやソフトウエアの働きを加えてスクリーン上に3D画像を浮かび上がらせる。この仕組みを何に使うのかははっきりしないが、アマゾンのショッピングサイトの画像を立体的に見せたり、3Dのコンピュータゲームを提供したりするのだろう。ひょっとしたら、自分で撮った写真も3Dで見られるのかもしれない。

 そして、同じくこのカメラやセンサーを用いて可能になるのが、タッチの要らない入力だという。情報をリークされたというモバイルデバイスのニュースサイト「BGR」によると、このジェスチャーやティルトはいろいろな場面で使えるようだ。

 例えば、アイコンが並んでいる画面でティルトすれば、それぞれの機能が文字で表示されるとか、レストランを検索した後にティルトすれば、ユーザー投稿サイトでそのレストランの評価が見られるといったことも計画されているらしい。

 また、ビデオで映画を観ようかと迷っているならば、ストアの画面でティルトすればレーティングが出てきたりする。さらに、アマゾンの電子書籍「Kindle」を読んでいるときにティルトすれば、登場人物の名前やコンセプト用語でその本の中味を横断できる「X線機能」が起動する……と、まあいろいろな使い方があるようなのだ。