PR

 カンボジア、プノンペンでは、電気事情はあまり良くない。たまに停電するの。ホテルのコンセントは三角形ですが、プラグは、三角のほか、日本と同じふたつ穴用など、いろんな形のものがあり統一感がないのよ。

[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、電気は、利用料がむっちゃ高いそうよ。現地に暮らしている日本人マダムに聞いたら、「高いって聞いていたので、ものすごく節約して、クーラーを使ったんですけど、それでも、1カ月3万円かかりました」と、のこと。

 日本でも、猛暑で思いっきり使ったら3万円位になることはありそうだけど。ものすごく節約して、3万円は痛いね。しかも、もともとの物価が違うのである。

[画像のクリックで拡大表示]

 首都プノンペン。プチホテルの庭掃除をしている人の月収は1万円程度だって。だとすると電気代月3万円は、目の玉の飛び出るような価格である。郊外には、電気が通ってないので、このように太陽光でランタンを充電中。

[画像のクリックで拡大表示]

 都心にある、人気クメール料理レストラン「タイタニック」に夕食に行った。リバーサイドの、観光客などもおとずれる高級レストランだけど。気温の下がる夜だからか、オープンエアーで、クーラーはついてなかった。

 さらに、昼間の暑い時間に食事に行った、いま、セレブに流行りのオシャレなベトナムレストランですが。

[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

 ほとんどが、オープンエアーの席で、冷房は、ついていない。さすがに、ご飯を食べるのには、ちょっと暑いぞ。でも、予約してくれた現地マダムが、奥の方にある、クーラー付小部屋を指定してくれたので、ホッ。涼しく食べることができたわよ。