PR

 「iPadを使っていてよかった!」と、つくづく感じることが年に何度かある。特に、思わず膝を打つアプリに出会い、それが無料だったりすると、もう拝み倒したくなるのだ。

 今回紹介するアプリも、何度も拝んでしまいたくなる絶品だ。「Adobe Voice」は、プレゼンの可能性を広げてしまう、とても優れたアプリなのだ。

 従来のプレゼンは、その場に説明者がいて行われることがほとんどだった。ファイル+口頭による説明が基本だったのだ。解説を録音したファイルを渡そうと思うと、とたんに行き詰まってしまった。実は、PowerPointにも解説を録音して再生する機能「スライドショーの記録」が用意されていた。ところが、この機能が残念ながら使いづらい。長尺のプレゼンだとほとんど編集ができないのが致命的だった。

 ところがAdobe Voiceは、録音を前提としたアプリなので、自分でも信じられないほどデキの良いスライドが完成する。

 本来は“スライド”と呼ぶのも適切ではないかもしれない。ちなみにAdobeでは“アニメーションビデオ”と呼んでいる。まあ、紙芝居のようにページをめくっていき、声や音楽、文字で情報を伝えられるので、プレゼンのスライドと考えても、あながち間違っていないだろう。

 作成したスライドは、自動的にインターネットにアップロードされる。見たい人は、リンクをクリックするだけでいいから、シェアが信じられないほど簡単だ。

 まずは、私が作ったサンプル「企画書のタイトルで勝つ!」をクリックしてご覧いただきたい。これで作業時間は15分程度だ。

Adobe Voice
カテゴリ:仕事効率化/価格:無料


Check out this video I made: 企画書のタイトルで勝つ!

(編集部注:実際には短縮URLが生成され、それをメールなどに貼り付けて相手に送る格好となります)