PR

 最近、楽曲を購入する習慣が変わってきた。

 筆者は今まで、アルバム単位で買うのが好みだった。長らくアルバム単位で再生していたからだろう。CDケースから好みのアルバムを選び、ディスクをCDプレーヤーに乗せて「再生」ボタンを押す。この一連の動作が、音楽を聴き始めた頃に覚えた基本操作だったから。

 アルバムなら「特定のアーティスト」「特定のサウンドトラック」など、共通性のある曲がまとめられている。そのときの雰囲気に合わせて聴くにはちょうどいい単位だった。

 1曲だけ買うとなると、再生しにくい。すごく気に入った曲なら1曲だけリピートして聴くこともあるが、いつかは飽きる。似たような曲でまとめるとなると、再生リストを作成しなくてはならなくて、ちょっと面倒。それで曲を単品購入すると、ライブラリの中で埋もれてしまいがちだった。

 しかしiTunesの「Genius」が出たことで状況は変わった。似たような曲を適度に混ぜて再生してくれるので飽きない。ラジオ感覚で聴ける。これで曲単位で買うときの心理的なハードルが少なくなってきた。

 曲単位で購入するときはマキシシングルCDもあるが、大抵はダウンロード購入となる。長らくCDで購入していた身としては、実物がないと所有している実感がなくてどこかさみしい。しかしCDの実物所有をやめたら、それも割り切れるようになってきた(関連記事:思い切ってCDを「断捨離」してみた)。