PR

 2014年5月20日、マイクロソフトが米国で「Surface Pro 3」を発表しました。Surfaceは、マイクロソフトが販売するWindowsタブレットで、インテル系のプロセッサを使うPro系列とARMプロセッサを搭載するWindows RTタブレットの2系統がありますが、今回の発表したのはSurface Pro 3という1機種のみでした。Windows RTを搭載するSurfaceは劣勢が伝えられていますが、今回は発表がなく、今後がちょっと心配です。発表前には、7インチサイズの製品も出るようなウワサもありましたが、実際には、12インチと現行機種のSurface Pro 2よりも大きくなっています。

マイクロソフトが米国で発表した「Surface Pro 3」
マイクロソフトが米国で発表した「Surface Pro 3」
[画像のクリックで拡大表示]

 Pro 3の画面サイズは、カタログスペック上では12インチですが、画面の縦横比が変わっています。ディスプレイやきょう体サイズ部分のスペックだけを取り出すと表1のようになります。

表1●「Surface Pro 3」と「Surface Pro 2」の比較
Pro 3Pro 2
画面サイズ[インチ]1210.6
解像度横[ピクセル]21601920
 縦[ピクセル]14401080
アスペクト比3:216:9
DPI216.3207.8
大きさ横[mm]292.1275
 縦[mm]201.4173
 厚さ[mm]9.113.5
重量[g]798.3907

 きょう体のサイズは液晶サイズの変更で縦横が大きくなっていますが、厚さが減り13.5mmから9.1mmになりました。この厚さは、Surface RTやSurface 2とほぼ同じです。筆者の手元にはSurface RTとSurface Pro 2があるのですが、厚さはかなり違い、Surface RTがノートだとしたらPro2は書籍といった感じです。差は4mm程度ですが、体感的にはかなりの違いを感じます。

 Pro 3の重さは798gと100g以上軽くなりました。Surface RTの680g(1.5ポンド)には届きませんが、900gあったPro2と比べるとかなり軽くなったようです。