PR

「付箋」はリアルでもパソコンでも重宝、スマホのホームにも貼れたら…

 付箋というのはさまざまな使い方があれど、近い将来にやりたいことややらなきゃならないことを、忘れないように見える場所に貼っておく、という使い方をよくする。現実の付箋なら、例えばパソコンのディスプレイのフチや冷蔵庫のドア、机の上、壁など、よく見える場所に貼っておく。

 パソコンでも「付箋」ソフトは何回か紹介したことがある。たいていの場合、パソコンのデスクトップに貼っておけるバーチャルな付箋だ。とにかくパソコンのデスクトップというのは、しょっちゅう見る場所なので、そのあたりにペロッと貼り付けておけば、現実の付箋のような使い方ができる。

 付箋に書かれた用事を済ませたら、はがして捨ててしまうというのが常だ。いつもの場所に付箋がなければ、「ああ、急ぎの用事はないのだな」というふうにも思えるからだ。そんな感じで、急ぎの用事をいつもの場所に目立つように貼り付けておく、というのが物忘れを防ぐためにもよい。

 ところで、とにかく何かにつけスマホの画面を見ることが多い。特にアプリを立ち上げようと、しょっちゅう目にするのはスマホのホーム画面である。ここに付箋を貼り付けておけたら、それは、当の場所にいなければ見ることができない現実の場所やパソコンに増して、使い勝手がいいのではと思う。

 というわけで、スマホのホーム画面に貼れる付箋アプリの紹介である。とはいえ今回はAndroidオンリー。Androidの利点の一つとして、ホーム画面に置ける便利なウィジェットが使えること。物忘れがけっこう激しい筆者は、ホーム画面に貼り付けて使える付箋ライクなウィジェットがないかと以前探して、現在も重宝しているのが今回紹介する「附箋メモウィジェット」だ。

 説明にはこうある。

ホーム画面に貼り付ける附箋(ふせん)メモウィジェットです。
フォントサイズ、フォント色、背景色、背景透明度の指定が可能です。
複数の付箋も貼れます。
ちょっとしたメモに便利です。

○付箋の貼り方
ホーム画面を長押しすると「ホーム画面に追加」というダイアログが出るので、そこで「ウィジェット」を選択すると「附箋メモ」というものが追加されているので、これを選択すると付箋をホーム画面に貼れます。
(ホーム画面でメニューを押して「追加」を選択しても同じです)
Android 4.0以降の場合はウィジェットのリストから選択して貼り付けられます。

○付箋の剥がし方
付箋を長押しすると画面下部にゴミ箱が現われるので、そこまで付箋を移動して指を離せば剥がせます。

 説明にあるごとく、通常のウィジェットの設置手順と同様に、「附箋メモウィジェット」をホーム画面の置きたい場所にドラッグ。用件(テキスト)、文字サイズ、付箋と文字の色などを設定すればOK。用事が済んだら、長押ししてゴミ箱にドラッグすればよい。

 そんな感じで、しょっちゅう目にするスマホのホーム画面に付箋を貼って、とりあえずな用事や忘れたくないことを書いておけば、なかなか役立つだろう、というわけだ。さほど難しくもないので、手軽に活用すれば、日頃の生活にも重宝する。

 というわけで、スマホで使える付箋、「附箋メモウィジェット」をインストールして使ってみよう。