PR

 今回は、PFUの新製品「SNAPLITE」を取り上げる。iPhoneの周辺機器としては新顔で、その仕組みはある意味でばかばかしいほど単純だ。外観は普通のデスクライトなのだが、上にiPhoneを乗っけて撮影することでスキャナーとして機能するのだ。

 そもそも、iPhoneで撮影するスキャナーアプリはこれまでにもたくさん登場していた。だが、部屋の明るさや電灯の光加減でうまく撮影できないことがあった。自分の影が気になることも少なくないし、手ぶれもスキャンの精度に影響してくる。

 このデスクライトにiPhoneを乗っければ、普段は机の上の照明として役立っているLEDランプがスキャンに頃合いの光加減になるのだ。しかも、iPhoneに触れずにシャッターが切れるからぶれる心配もない。

 デスクライト+iPhoneのスキャナー用三脚&照明といった製品なのだ。まあ、よく考えたというか、考えついたとしても製品にするのがすごい。

 それでは、まずはデザインからチェックしていこう。

外観は一般的なデスクライトだ。
外観は一般的なデスクライトだ。
[画像のクリックで拡大表示]