PR

 知らない場所に行ったら、お店の検索は、たいてい食べログかぐるなび。みんなのスマホにも、アプリが入ってるよねー。《ランチ 宮崎 日南》など、旅先ではキーワードを入力したりする。

 口コミや写真が多い店がやっぱり人気なのよね。

 料理の写真とか、メニュー。価格が確認できて、初めての店でもおどおどせずに済む。すげー役に立つ。みんながアップしている写真が多いものが、名物メニューなんだな、とか、いろいろわかるし。宴会の幹事も、たいてい「会場はこちらです」と、これらのサイトのURLを送ってくる。地図も見られるし連絡先もあるからね。

 そうそう、食べログはアメリカでもお役立ち。食べログは、日本とアメリカで展開しており、アメリカ旅行の時も役に立ったわー。アリゾナのフラッグスタッフという、見知らぬドライブ中の土地でも、食べログで検索したら、美味しいカフェやダイナーが、あっという間に出たし、セドナでも、おすすめ店が、ずらずら出て、旅先のドキドキ感はないけど、安心感の方をトコは選ぶわ。

 アメリカ版も、画面のつくりが一緒なので、使いやすかったですよ。

 ただ、この数年のことである。ちょっと、トコは不満を感じていた。このサイトに、むちゃくちゃ、広告が多くなった。お店の検索結果かと思いきや、延々と、広告が続く。スクロールしたつもりなのに、そこのお店にサイトに画面が変わったりでイライラ。

 さらに、プンスカなのが。食べログでは、以前は無料で見られていた、人気ランキングが、プレミア会員のみの閲覧となったのよ。いままで、ランキング上位から、行く店を選んでいたからねぇ。しかたない、プレミア会員になろうかな、と思ったが、月300円である!!(高いっ!!)

[画像のクリックで拡大表示]

 ううむ、食べログに、毎月300円は、払いたくないわ。だって、普段の生活では、トコは、食べログ使わないもん。その不満を息子にぶつけたら、「俺はプレミア会員になったよ。だって300円だよ」と、こともなげに言う。

「かーちゃんの高級化粧品代を思えば、300円なんて、ただみたいなもんっしょ」
と、説教までされたわ。

 が、ひとそれぞれ、高いと思うもの、安いと思うもの、価値判断が違うのである。で、やっぱ、300円払いたくないので、困ったときは、有料会員の息子に聞けばいいのか、と、結論をくだした。