PR

 「5月病」とまではいかなくても、何だか最近ちょっと疲れ気味……。そんな時は意識的に「笑う」ための“笑活”をしてみてはいかがですか?

 「笑い」には活性酸素を減少させ、血圧低下や血流改善といった健康効果があるともいいます。友人と語らう、お笑い番組を見る、落語を聴く等、意識的に「笑う」機会を作る方法はたくさんあります。ソーシャルメディアを使えば、いつでもどこでも手軽に笑えるコンテンツと出会うことができます。

 そこで今回はソーシャルメディアで「笑える」サービスをご紹介します。ただし、思わず吹き出してしまうかもしれませんので、電車・バスの中など公共の場での閲覧はご注意くださいね。

「笑い」に特化したバイラルメディア「CuRazy」

 インターネット上では今、バイラルメディアと呼ばれる動画や画像を中心としたブログ形式のニュースサイトが流行っています。バイラル(Viral)とは「ウイルス性の」「感染的な」という意味で、FacebookやTwitterなどソーシャルメディアで情報が拡散しやすいように、インパクト・話題性のある内容がまとめられているのが特徴です。

 米国では2013年後半から爆発的に利用者増えており、最近日本でも新しいサイトが数多く生まれています。その中で2014年1月の公開からわずか4カ月で月間1500万PVを達成した人気サイトが「笑い」に特化した「CuRazy」(http://curazy.com/)です。

笑うメディア「CuRazy」。
笑うメディア「CuRazy」。
[画像のクリックで拡大表示]

 バイラルメディアは既にネット上に存在するコンテンツをキュレーション(収集)しているため、何を収集しているか、どれだけキャッチーなタイトルを付けられるかという編集能力が問われます。「CuRazy」がFacebookで大量の「いいね!」を獲得しているのは、編集クオリティの高さによるのかもしれません。

 短時間に沢山のコンテンツが消費出来るように工夫されているのも特徴で、スマートフォンに最適化したアプリ(iPhone/iPad版Android版)も用意されています。