PR

 普段暮らしていて、あまり興味はないのだが、よく聞くなぁ~という言葉がある。

 漫画を知らない人でも「進撃の巨人」はなんとなく、巨人が出てくる漫画なんだなぁとか、全くスポーツ見ない人でも、ニュースや電車の広告やテレビCMなどで、どうやらサッカーの大きな大会が近いうち南米方面であるようだなぁ・・・とか。まぁ僕ももれなくそっち側なのだが…

 それがブームというものなのかもしれない。

 一方、公でなく個人的に周りの人が数人、例えば「先日落語を聴いたよ」「そう、寄席に行ったんだ」という人が3人でも現れたら、「アレ? 今落語流行ってんの?」という気持ちになることがある。

 まぁ落語の場合は、ずっと静かなブームなのだ。いつでも楽しめるというわけである。そんな私、5月下席(~30日まで)上野鈴本演芸場にて夜の部の主任を勤めております。

 お気軽にふらっと、のぞいちゃって下さいませ。伝統ある老舗の寄席でございます。静かなブームの中、主任を仰せ仕り、奮闘している次第でございます。お待ちしておりますよ~。

 さて、個人的ブームでございます。いわゆる「マイブーム」とちょっと違うのは、アレ?これなんだか今、流行ってんの?とふと気になる個人で感じる「ブームのようなもの」。この1年ほど、周りに引越しする人などが多かったせいか、「シーリングライト」というのをよく耳にした。

 そうすると、家電量販店に出かけても家具屋でも「○○シーリングライト」の文字が目に飛び込んでくる。我々の寄席ではあまり耳にしないのだが、小劇場やホールなどで落語会をやったりすると「シーリングライトの明かり位置どうしますか~」というのはこれまでもよく聞いていたし、セッティングを照明さんと話し合いながら決めたりしてきた。

 どうやらそれではないようだ。