PR

 Windows 8の大きな変更点の1つは、スタート画面でしょう。それまであったスタートメニューがなくなり、かわりにスタート画面ができました。Windows 8.1ではこのあたりがずいぶんと改良されました。次期Windowsでは、スタートメニューのようなスタート画面ができるようですが、とりあえずWindows8/8.1を使うのにスタート画面とは「仲良く」なっていたほうがいいのではないかと思います。もし、Windows 8/8.1のタブレットを持っているなら、スタート画面は必須です。ここを整備しておくと使い勝手がかなり違います。

スタート画面を中心に使う

 スタート画面の特徴は、プログラムの起動と通知が同じ画面で同時に表示できることです。ある意味、Windows 7のタスクバーが画面いっぱいに広がったものがスタート画面だと思った方がいいかもしれません。

 触ればすぐに分かることですが、スタート画面は横に長い画面で、左右にしかスクロールしません。上下のスクロールはなく、あえていうと、すべてのアプリを一覧する「アプリ」画面との切り替えに、上にスライドするだけです。そして、スタート画面は開くと必ず画面の左端が表示されるようになっています。まずは、このあたりに利用頻度が高く、かつライブタイルで情報を表示するアプリのタイルが配置されています。つまり、メールやカレンダー、SNSなどのタイルなどが置かれるわけです。

 好みにもよりますが、Windowsストアのライブタイルはオフにしておいてもあまり困ることはありません。また、一部のWebサイトは、更新などをライブタイルとして通知するようになっています。IEのブックマークをタイルとして配置することでライブタイルのように動作します(サイトとしてはそんなに多くないようなのですが)。

 さて、こうしてスタート画面にタイルを数多く配置するようになると、ちょっと狭いというか、1画面に表示されるタイルが少ないような気がしてきます。標準では、タイルは中サイズのものが縦3つ、横に8つの24個しか表示できません(図1)。タイルをグループ化して間を開けてしまうと表示できるタイルの数が減ってしまいます。まずは、表示できるタイルを増やしてみましょう。

図1 標準状態では、タイルは縦に3マス、横に8マスが並ぶ。写真は1920×1080ドットのディスプレイを持つSurface Proのもの。
図1 標準状態では、タイルは縦に3マス、横に8マスが並ぶ。写真は1920×1080ドットのディスプレイを持つSurface Proのもの。
[画像のクリックで拡大表示]

 設定チャームを開き、「タイル」選択します。ここに「スタート画面にタイルを縮小して表示」という項目があるのでこれを「はい」にします(図2)。すると、縦に4マス、横に11マスとなって、中サイズのタイルを44個並べることができるようになります。

図2 タイルを縮小表示させると縦に4マス、横に11マスが並ぶ。
図2 タイルを縮小表示させると縦に4マス、横に11マスが並ぶ。
[画像のクリックで拡大表示]