PR

 最新のAndroidスマートフォンはバッテリーの長持ちをウリにしている製品が多い。とはいえ、手元で使っているちょっと古くなった機種は、すぐにバッテリーが切れてイライラしている人も少なくないだろう。

 今回は、バッテリーを効率的に管理したり、残量をチェックできるアプリとウィジェットを取り上げる。インストールしただけで長時間使えるようになる魔法のようなアプリは存在しないのだが、使い方を考えて消費電力の節約に役立てることはできる。残量をチェックしながら、次に充電するまでの使い方を考えていこうではないか。

 まずは、人気の高いアプリ「バッテリーHDプロ」を紹介する。350円とちょっと高いのだが、無料版も用意されているので、そちらから試してみるとよいだろう。

 アプリを起動すると、大きなバッテリーのイラストが表示される。まるで乾電池に液体が入ってるようなデザインで、なかなか美しい。実物とはまったく違う外観だが、まあ、楽しければよいだろう。

 残量の割合が視覚的に分かる上に、パーセント表示もされる。さらに、音楽再生○時間○分など、利用できる時間の目安が分かるのもありがたい。

バッテリーHDプロ
カテゴリ:ツール/価格:350円


「バッテリーHDプロ」を起動した画面。液体のようなデザインで、バッテリーの残量が分かる。
「バッテリーHDプロ」を起動した画面。液体のようなデザインで、バッテリーの残量が分かる。
[画像のクリックで拡大表示]