PR

 今回は、話題の周辺機器「Chromecast」(クロームキャスト)について取り上げる。

 その前に、以前このコラムの「ほぼ1万円の激安SIMフリースマホ『freetel』を買って動かしてみた」で取り上げた「freetel」のアップデートを。記事で取り上げたモデルは販売終了になって、既に次のラインアップが発売予定となっている。LTE対応端末などもあるので、今後に期待したい。

 このfreetelも含めて、ITproに「格安SIMで使いたい SIMフリーなスマホたち」という緊急特集を執筆した。この記事では格安SIMで使いたいSIMロックフリーのお薦めなスマ-フォンを紹介している。格安の入門機から、子供と一緒に使える端末、手間なくすぐ使える端末込みのお得なサービスなど、テーマ別に紹介しているので、参考にしていただきたい。

ChromeやYouTubeをテレビに「キャスト」できる魔法の装置がやってきた

 ここでやっと本題。グーグルのChromecastである。5月28日に発売されたばかりで、あちこちのライターさんやブロガーさんが、使ってみた感想やレビューなどをネットで公開し始めている。自称「Googleっ子」な筆者も、すぐに予約したクチで、やはり先週末に届いて、いろいろ楽しんでいるところだ。

 筆者はGoogle好きに加え、アップルの「Apple TV」や、Androidの画面をそのままテレビに出せる「MHLアダプター」「SlimPort to HDMI変換アダプター」、DLNAクライアント機器(筆者宅ではプレイステーション 3やXbox 360、アイ・オー・データ機器の箱型の機器、箱型やUSBメモリー型のAndroid端末などがある)といった、「パソコンやスマートフォンの画面をテレビに出す」とか「NASやパソコン内の動画や音楽をテレビやオーディオ機器で再生する」とかいう装置も大好きだ。

 とりあえずApple TVの半額以下の「4200円(税抜)」という価格もあって、Chromecastは迷わずポチッて(「購入」ボタンを押して)しまった、という感じである。