PR

平野所長(以下:平野):やれやれ。

直井研究員(以下:直井):どうしたんですか?所長。

平野:私の名前が間違っているメールを受け取ってね。「平野友明様」って書いてあるんだ。


平野友明様

お世話になります。
○○株式会社の橘と申します。

展示会ではご挨拶をさせていただき
ありがとうございました。

直井:ほんとだぁ。

平野:私の名前は「平野友朗」だ。ほがらかな“朗”で“友朗”と書く。間違われることがとても多いんだよ。読みは“ともろう”ではなく“ともあき”だ。

直井:教えてあげたほうが、よいのではないでしょうか。

平野:でも、このメールは営業メールだからなぁ。メールというよりは、一斉送信のメルマガだね。どこかの展示会で名刺交換をしたようだが、いつ名刺交換をしたか覚えていない……。書いていないしね……。

直井:なんと。営業メールで名前を間違えているって、残念ですね。

平野:しかも、こちらの会社からは、これまでに数回メールが届いた。

直井:もしかして……。

平野:そう。すべてのメールで私の名前が間違っていたよ。

直井:あちゃー。テンプレートですかね。

平野:メルマガのようだから、データベースに登録している名前のデータを挿入して、一斉送信しているのかもしれないな。登録しているデータ自体が間違っていれば、挿入するたびに名前の間違ったメールが送られてくることになる。

直井:こちらが指摘しない以上、気づくことはなさそうですね。

平野:おそらくね。

直井:でも、一方的に送られてくる営業メールに「名前が間違っています」と、わざわざ指摘するのもなんだか。不要なメールなら、配信停止をしてはいかがでしょうか。

平野:いや。興味深いからサンプルとして受け取っておくよ。

直井:所長……メールを肴に一杯やれるタイプですね。

平野:それに、配信停止方法が面倒でね。

直井:ちょっと見せてください……。ん、これは困りますね。