PR

 平均1年未満でスマートフォンを買い替えるほど新機種に敏感な韓国ユーザーが、2014年上半期のベストスマートフォンとしてLGエレクトロニクスのスマートフォン「LG G3」を選んだ。

 携帯電話専門コミュニティサイト「セティズン」が6月中旬、ネットユーザー2893人に「2014年に発売された新機種の中でもっともお気に入りスマートフォンは何か」を聞いたところ、72.5%がG3を選び1位になった。2位はサムスン電子の「GALAXY S5」で16.5%、3位はパンテックの「VEGA IRON2」で11%だった。

LGエレクトロニクスのスマートフォン「LG G3」が韓国で2014年上半期人気1位になった
LGエレクトロニクスのスマートフォン「LG G3」が韓国で2014年上半期人気1位になった
[画像のクリックで拡大表示]

 G3の発売は2014年5月28日。韓国では1日1万台ほど売れていて、まさに大ヒットという言葉がぴったりの売れ行きである。海外展開は6月27日に始まったばかりだが、海外メディアも「LGらしい強みを生かしたスマートフォン」とG3を絶賛していることから、LGエレクトロニクスは世界市場で1000万台以上売れるヒット作になると見ている。

 今までサムスン電子のGALAXYに押され気味でスマートフォン市場でぱっとしなかったLGエレクトロニクスだが、社運をかけて開発に挑んだというG3は発売してすぐ口コミで人気に火が付いた。

 G3の人気は、LGエレクトロニクスの株価まで押し上げた。G3発売以降、LGの株価は15%ほど上昇。韓国の証券会社は、LGエレクトロニクスはG3のおかげで実績好調、スマートフォンの販売台数が増え、営業利益も大幅に増加すると見込んでいた。世界100カ国で順次発売する計画で、海外市場でも順調に販売台数を伸ばすことはほぼ間違いない。LGエレクトロニクスの株価はますます上がりそうだ。