PR

●手入力は面倒くさい、ならばコントロールを使え

 グラフはシミュレーションにも効果絶大だ。ただシミュレーションでは多様なデータを入力するわけで、これをいちいち手入力するのは面倒この上ない。そこで登場するのが「コントロール」だ。平たく言うと、「スピンボタン」や「スクロールバー」をシートに挿入して、任意の値を入力する。これが本日のお題だ。

 「ほお、なかなか便利そうじゃないか」

 しかもコントロールは、扱い自体も全く難しくない。ただし、初期設定のExcelではコントロールを挿入する「開発」タブが非表示になっている。「開発」タブが非表示のまま人は、まずはこれを表示するのが先決だ。「ファイル」タブ→「オプション」→「リボンのユーザー設定」とたどって「開発」にチェックを入れよう(図1)。これでリボンの右端に「開発」タブが現れる。

コントロールの追加には「開発」タブが不可欠だ。「ファイル」タブ→「オプション」→「リボンのユーザー設定」で「開発」にチェックを入れてアクティブにする
図1 まずは「開発」タブをアクティブにする
図1 まずは「開発」タブをアクティブにする
[画像のクリックで拡大表示]