PR

 さて、故障していた「スマホの修理ができました」と連絡が。あーよかった、直ったのね。いそいそと受け取りに行きました。どうせ1週間から10日くらいなのでと、代替機には、アプリも入れずこの期間を過ごそうと思っていたけど…。なかったら不便だなと感じものだけダウンロードしました。

 ちらっと空いた時間の読書用の「Kindle」と、山口に行ったのですが、大畠なんて駅から乗車のため「乗り換え案内」。とりあえず、この2つは、トコには必要なアプリなのね。

 故障のおかげで、アプリの断捨離ができてよかったわ。

 さあ、ショップのカウンターに案内されました。
 「いったい何が悪かったのですか?」
 店員さんは、修理結果票を見て
 「悪いところは発見できませんでした」
 とのこと。さらにこう続けた。
 「でも、フロントケースとリアケースに傷があったので、それを交換して、基板の交換もいたしております」
 つまり、総取り替えってことみたい。

 渡されたパープルのXperiaは、見慣れているようで、他人のような…。

[画像のクリックで拡大表示]

 表も裏も、保護シートに包まれたパープルちゃん。修理というが、いやいやいや、これ、新品になってんじゃね?都市伝説で、iPhone修理は新品になって戻ってくる、と聞いたことがある。Androidもそういうことかい。