PR

 電池駆動のモバイル文書スキャナーScanSnap iX100(PFU)が、ちまたでなかなか評判が良いようだ。電池込みで重さ410グラム、本体のみ持ち歩けば、iPadなどのモバイルデバイスでスキャンコントロール、データ保存がサクッと完了する。この簡便さに加え、最近は各種アプリケーション内でScanSnapと連動する製品が増えてきてますます機動力が高まってきている。たとえば、無料の家計簿アプリ「Zaim」などにScanSnap読み込み機能が追加されて、面倒だった入力作業が劇的に楽になる。アプリ内の文字認識精度にはまだ問題の残る場面もあるが、これは今後ますます便利になりそうな予感がある。

アプリ内連携が進む

 ScanSnap iX100は1枚ものの資料を手差しでスキャンする簡便なモバイルスキャナーだ。複数枚の資料なら連続して読み込ませれば、一かたまりのドキュメントとして管理してくれる。接続できるのはMac、Windowsパソコン、iPhoneやiPadなどiOSデバイス、そしてAndroid機。電池駆動なので、カバンに忍ばせておけば、出張時はもちろんのこと、趣味の旅行時などで手にしたパンフレット類をiPhoneやiPadにサクッとしまえる。神社、仏閣を訪れたときに入館チケットや案内パンフレットがバッグにあふれて邪魔になることがよくあるが、こんなときにサッと電子化してしまえる簡便さが気持ちいい。

 入館チケットなどを大事にしまっておく人もいるが、自宅に戻って見る機会は1度あるかないか。こんなに見ない確率が高いのだから捨ててしまっても構わないが、万が一ということもある。そんなときのためにもデジタル化して、どこかクラウドに保存しているなら心強い。

 そんな便利なiX100が最近、さまざまなアプリケーション内で使えるようになって、ますます底力を蓄えつつある。レシートを読み込ませて家計管理を行うReceRecoZaimがアプリ内でScanSnapを呼び出す仕組みを取り入れ始めて作業手順が簡略化された上に、読み取り精度もモバイル端末のカメラで読み込むよりも一段と精度が高まり、使えるソリューションに成長し始めた。

 そのような仕組みが生まれ始めたのはPFUがサードパーティとの連携を深めるためのSDK(ソフトウェア開発用の仕組み)を積極的に作成・公開してきているからだ(図1)。

図1 ScanSnapと連携させた家計簿アプリ「Zaim」でスーパーの領収書を読ませた。ほぼ完全!!
図1 ScanSnapと連携させた家計簿アプリ「Zaim」でスーパーの領収書を読ませた。ほぼ完全!!
[画像のクリックで拡大表示]