PR

 読者の皆さんの中にも、ノートに書くように何でも記録できるWebサービス「Evernote(エバーノート)」を活用している方がいるでしょう。今回は、Evernoteが公開しているAPIを利用し、Evernoteに記録したデータを視覚化する方法を紹介します。例として、Evernoteに記録した体重データを取り出し、折れ線グラフで表示するプログラムを作ってみます。

Evernoteからデータを取得して折れ線グラフを作ります
Evernoteからデータを取得して折れ線グラフを作ります
[画像のクリックで拡大表示]

Evernoteに記録するデータ

 さて、Evernoteに記録しているデータを利用し、体重グラフを作るわけですが、体重データは1日1ノートで記録していることとします。