PR

 元来のPDA(Personal Digital Assistant)好き、携帯端末好き、最近ではスマートフォンやタブレット大好きで、さまざまな端末を持ち歩いて使っている筆者。近ごろのメインマシンは、Google純正(メーカーは台湾LG電子)の「Nexus 5」だ。

図1 筆者がメインで使っているスマートフォンである「Nexus 5」(左)とその前モデル「Nexus 4」(右)。どちらもGoogle純正のスマホだ
図1 筆者がメインで使っているスマートフォンである「Nexus 5」(左)とその前モデル「Nexus 4」(右)。どちらもGoogle純正のスマホだ
[画像のクリックで拡大表示]

 これは、先日のITproでの連載コラム「格安SIMで使いたいSIMフリーなスマホたち」の最終回「MVNOを使い倒すならこの端末!Nexus 5、AQUOS PHONEそしてiPhone」で扱っていて、もちろんSIMロックフリーである。ここにお気に入りのIIJmioのSIMを入れて使っている。

 ところで、筆者のメインの携帯電話はiPhoneである。ソフトバンクの契約なので、同じソフトバンク契約の端末を持っている友人は「タダ友」ということになる。1日のほとんどが話し放題(午後9時~午前1時を除く)なので、何かと電話で連絡を取り合う。

 もちろん家族は24時間話し放題。ダンナや、近くで1人暮らしをしている母との連絡にも使っている。特に母は、歳をとってかなり心細いらしく、とにかくやたらと電話を掛けてくるし、こちらから掛けた電話にも、かなり長話をしたりする。タダでなかったら月の通話料金が数万円、とかいうマイソフトバンクの「使用状況」にぞっとしたこともある。

 こんな状況なのでキャリア各社が提供し始めた「掛け放題プラン」に心を動かしかけた。しかし、とにかく相手が決まっていることだし、月1000円のホワイトプランで済むならと、そのままにしている。各社の掛け放題は約3000円の基本料がかかるからだ。