PR

スマホのDJアプリは数あれど、多くは敷居が高い

 昔、DJに憧れてそうしたプレイをやってみたくて、レコードのターンテーブルが2つ付いたDJ用の装置を買いたいと思い、一時期、楽器店などを物色していたことがあった。

 そのうち、レコードをわざわざ使わなくても音楽CDでDJできる装置なんかも出てきて、それもカンタンでいいなぁと思ったが、さらに、そうしたDJもハードディスクに入れた音楽をパソコンソフトでプレイする時代が来てしまった。

 イマドキは、さらにカンタンに、スマホやタブレットでストレージに入れた音楽やオンライン上の音楽などを使って、DJふうにプレイできるアプリなどもたくさんある。なかには昔買おうとしていたDJ装置並みに高度なアプリもあり、実際にプロがiPadなどを使ってプレイしたりするシーンも多いという。

 そんな流れに遅れまいと、筆者もそうしたアプリの入門編的なものを入手して、2つのレコードプレイヤー風のインターフェイスにストレージ内の音楽を読み込みつつ、左右の音楽を切り替えて「DJごっこ」をしてみたりした。でも、なかなか思い通りのかっこいい感じにプレイできなくて…。

ループを2つ選んで、iPhoneを傾けるだけのお手軽アプリ

 そんな感じでイマドキなポップスやダンスミュージック、エレクトリカルポップ的な音楽などを、リアルタイムにかっこよく遊べるアプリはないかなぁ、と思っていたところ、iPhoneのアプリストアのおすすめに「Crossfader」というアプリがあった。さっそく使ってみると、曲を2つ選ぶだけで、それらしくクラブふうにミックス(2つの曲を同時に鳴らす)できて、しかもiPhoneを傾けてリアルタイムに付けられる変化が楽しく、かなり気に入っていまった筆者なのだった。

図1 「Crossfader」のプレイ画面。2つ曲を選んでiPhoneを傾けるだけでミックスできてなかなか楽しい
図1 「Crossfader」のプレイ画面。2つ曲を選んでiPhoneを傾けるだけでミックスできてなかなか楽しい
[画像のクリックで拡大表示]

 「Crossfader」の説明にはこうある。ちなみに「クロスフェーダー」とは、同時に鳴らす2つの曲のボリュームを同時に調整(一つをだんだん大きく、もう一つをだんだん小さく)していく効果(「クロスフェード」)をかける装置。iPhoneを傾けることで、そうした効果を2曲間にかけられるのだ。

Crossfaderは最高のダンスパーティー!
世界最大のDJコミュニティがライブで選択している連続のパーティーミックスを視聴。
自分でやってみようと思った瞬間、どの曲にでもタップして、自分で演奏を始められる!

Crossfaderは、自分のマッシュアップを作って完璧に演奏させてくれるアプリです。あなたもCrossfaderに驚かされる!携帯を傾けることだけで楽曲のリッミクスが出来る。 簡単なチルト操作で音楽をリミックスすれば、あなたのマッシュアップもCrossfader.fmで配信され、世界中のユーザーに注目されるかもしれない!

 説明通り、「ループ」と呼ばれる(演奏中はずっとループして鳴らせる)フレーズを2つ選んで、タイミングよくiPhoneを傾ける。必要なのは、ループを2つ選ぶセンスと、それっぽくプレイするセンスだけ(たぶん「行き当たりばったり」でOK……笑)。