PR

●気に入ったグラフスタイルをテンプレートとして保存する

 一度作成したグッドな見栄えのグラフで、これからも同様の見栄えのグラフを作る可能性が高い場合、テンプレートとして保存してスタイルを使い回したい。

 「ひな形で保存のことだな」

 そうだ。便利な機能にもかかわらず、意外や意外、あまり使われていないのが現状のようだ。それほど複雑な手順ではないので、この機会に覚えて、グラフ作成作業をもっと効率化してもらいたい。

 作業は、テンプレートとしての保存、保存したテンプレートの活用、という2段構えになる。まずは保存からだ。気に入ったグラフを選択して「デザイン」タブから「テンプレートとして保存」を選ぼう。すると「グラフのテンプレートの保存」という画面が開くから、ここにあとからでも判別しやすい名前を付けて「保存」を押す(図1)。

 ご覧のようにここでは、前回作成した塗り分けグラフ(「実績値と予想値のグラフの背景を塗り分ける仰天技」の回を参照)を「塗り分けグラフ」というファイル名で保存した。

グラフスタイルのテンプレート化には「デザイン」タブの「テンプレートとして保存」を使う。保存時には判別しやすい具体的な名前を用いるのがコツ
図1 ボタン一発でテンプレートとして保存
図1 ボタン一発でテンプレートとして保存
[画像のクリックで拡大表示]