PR

 「待てば海路の日和あり」「三年寝太郎」なんて言葉がある。慌てずにじっと待っていれば良いことが起こるということだ。俺の作っている新作落語もそうだ。ネタ下ろしでやってみてあまり受けなかった作品もも2、3年年寝かせると違うアプローチが見つかって名作になったりする。

 このコラムで俺は今GALAXY Note IIを使っている事は何度も書いた。通称ノーニちゃんと呼んでいるがこいつが優れもので大画面だしネットもさくさく検索出来る。しかしGALAXY Note 3が発売されるともうそっちの方に目が行き、欲しくて仕方なかった。まずタッチペンが使いやすい。ペン先がゴムなので適度なひっかかりがありタブレットで絵を描く俺に取ってはもうそれだけで買い替えの必須条件になる程だった。プロセッサーもノーニちゃんの倍のクアドットコア。

 そしてパソコンみたいに画面を分割して使う事が出来る。ネットで資料を表示して文章を書く事が出来るのだ。こいつがあればもうパソコンは必要ない。寄席の待ち時間や移動先の新幹線の中でガンガン仕事が出来るじゃありませんか。そこですぐに買おうと思ったらGALAXY Note 3の端末代金とノーニちゃんの端末未払い分の料金が加算されるとドコモのお姉さんが言うじゃありませんか。全部足したら10万円超えてしまいます。さすがにそんな大金は払えません。それにノーニちゃんを買った時の月々サポートがまるまる1年分無駄になってしまう。そこでぐっとこらえて思いました。

 「待てばきっと次のGALAXY Note 4が出る。それまで待てば月々サポートだって満額受け取れる。その日までじっと待つのだ、大五郎」

 うーん、例えが古いね。でも俺の一番好きな時代劇は「子連れ狼」なんだ。それも萬屋錦之介さんが主役の拝一刀が最高だよ・・・ってなんの話しているんだろう?

 そうそうGALAXY Note 4の事だった。でもまだ3が発売されたばかりだから4の噂は影も形もありませんでした。それから待つこと7ヶ月、なんとネットに4の噂が広がっています。

 その噂ではオクタコアプロセッサー、なんと8コア。ノーニちゃんの4倍です。128GBのストレージメモリ。そしてディスプレイの解像度は2Kってうちのテレビより優れものだよ。Note 3が3GB RAMなので多分4GB RAMになる予想。まあ噂だから勝手に言えるんだろうけど間違いないのはNote 3より性能が良くなることだ。

 噂の中には「これが本当だったら良いな」と言うのもある。