PR

 インターネット上に置いたファイルサーバーを個人所有のディスク代わりに使えるクラウドストレージの容量増加が著しい。写真専用クラウドのFlickrは無料で1TBも使えて、すごいなあと思っていたら今度はiOSも含めて複数のデバイス間であらゆるファイル同期を売り物にしたDropboxが有料版で1TB提供に拡大した。これは、本当に重宝する。しかし、内蔵ドライブの小さいマシンで活用するには1TBは大き過ぎてかえって運用方法を工夫しなければならない。

ある日突然、保存エリアが1TBに拡大した

 あまたあるクラウドストレージの中でもDropboxはiOSを含めて連携アプリの多さや使い勝手のシンプルさから人気が高い。読者の中にも愛用者は多いことだろう。これまで、無料プランでは2GB、月額9.99ドル払えば100GBまでというプランで、書きかけの文書や撮りたての写真を放り込んでは便利に使っていた。とにかくDropboxに放り込んでおけば、同じユーザーIDで使っている他のデバイスにも程なく同期され「湧き上がって」来るものだから時間に追われる仕事の場合には実に頼りになる。

 例えば、お客さんに提案する企画書など「Dropboxフォルダー内」に置いてギリギリまで手を加え、出かける直前に保存操作をしさえすれば、先方にはiPad一つで出かけられる。先方に着いたらiPadのDropboxを開き、該当の企画書を適切なアプリで開けばよい。GoodReaderやMetaMojiのNoteなどで開けば、その場で注釈を加えたり、レーザーポインターで指し示すような操作ができて説明がスムーズになる。必要とあらば、その場で印刷したり、相手にメール送信することもできて、要求に十分に応えられる。

 写真なども撮った写真を片っ端からDropboxに吸い込ませ、複数の端末から便利に閲覧していた。仕事にも多用していたし、当然、無料の2GBではどうしようもなく、月9.99ドル(年間99ドル)を払って100GBプランを利用していた。さらに払えば、200GBないしは500GBプランも選べたが、そこまでお金は払わなくても、ファイルを整理しながら使って行けば何とか100GBに納まる。

 と、まあ、かようにDropboxを便利に使っていた。平均利用量は60~80%程度、これ以上にはならないよう何とかやりくりしながら使い続けてきたら、ある日突然、使用量が6%台に激減した。何が起きたのか、とDropboxの管理画面を覗いて驚いた。なんと、利用可能領域が1TBに増えていた(図1)。

図1 ある日さりげなく1TBに増量された。未使用の容量900GB!! これは使いであるわ。
図1 ある日さりげなく1TBに増量された。未使用の容量900GB!! これは使いであるわ。
[画像のクリックで拡大表示]

 10倍も利用可能領域が増えるとは! 思ってもみなかった。ユーザーにとっては10倍のエリア拡張はすごいことなのだが、Dropbox社からは特に大きなアナウンスもなかった。登録しているメールアドレスに「Dropbox プロの機能性がアップしました!」とさりげないメールが届いたきりなのだ。クラウドストレージをサービスしている企業にとっては、これくらいの増量は大したことないんだろうなあ。サーバー用のハードウエアの性能が年々倍々ゲームで上がって行くのに引き換え、専有面積も含めて設備コストが10倍単位で減少しているからできることなのだろう。特に共用設備の上に大容量のユーザーエリアをストレージプールとして確保して、必要に応じて配分する技術が高度化しているので、このようなことが可能になる。一人一人に1TBずつ物理的に割り付けるわけではないからこんな太っ腹なサービスが実現するのだ。