PR

 iOS端末を出回り始めたころから使い続けている筆者だが、Androidを搭載した端末に比べてあまり「最新」を追っていない。とりあえず、安くなったら買えばいい、と思っている。

 iPhone 5sを入手したのは、結構最近だ。NTTドコモ版の中古端末を入手して、インターネットイニシアティブ(IIJ)の個人向けインターネットサービス「IIJmio」のSIMカードを入れてある。写真を撮る、LINEでの友だちとの交流、SNS、音楽、動画、ゲームなどの遊び系はほとんどiOS機で賄っているので、使用頻度は結構高い。

筆者のiPhone 5s。NTTドコモ版の中古機に、「IIJmio」のSIMカードを挿して使っている
筆者のiPhone 5s。NTTドコモ版の中古機に、「IIJmio」のSIMカードを挿して使っている
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、仕事のスケジュール管理や原稿書き、メールの送受信、アイデアのストック、情報収集、情報系のSNSでの共有は、Android機である「Nexus 5」で行う。両者(iPhone 5s、Nexus 5)の使用頻度は、実質的には同じくらいだと思っている。

 いずれも大手キャリアの契約ではなく、MVNOであるIIJmioのSIMカードを入れて使っているので、結構お安い維持費で済んでいる。SIMカードが3枚使える「ファミリーシェアプラン」で家族全体の通信を賄っている。10月からIIJmioは高速通信を増量するので、さらにお得になる。ちなみに、青木家の場合は、月当たりの高速通信データ量の上限が3GBから7GBになる。