PR

 前回から大量のデジカメ写真を手軽に整理するためのプログラムを紹介しています。前回は、画面を見ながらワンクリックで手軽に写真をフォルダーに分類するプログラムを作ってみました。今回は、撮影場所を調べ、自動的に場所ごとにフォルダー分けするというプログラムを作ってみます。これは、写真に埋め込まれている位置情報を利用するもので、スマートフォンなどで撮影した大量の写真を撮影場所で振り分けたい場合に役立つプログラムです。

写真に埋め込まれている情報について

 一般的にデジカメで撮影した写真、JPEGファイルには、画像だけでなく、撮影時の情報が埋め込まれます。この情報は、EXIFという領域に埋め込まれています。EXIFには、撮影日時やカメラのメーカー、撮影方向やシャッタースピードなど、様々な情報が埋め込まれます。そして、カメラが対応していれば、緯度経度などの位置情報が埋め込まれます。

 インターネットに写真を公開する場合に問題になるのが、このGPS情報で、タレントが自宅で撮影した写真を公開したところ、EXIF情報を元に自宅の場所がばれてしまったということがありました。写真を公開する際には気をつけたい部分です。とはいえ、位置情報は非常に有用です。旅行に行ったとき、仕事で現場の写真を撮影したとき、写真の撮影場所を特定することができるので、写真の整理に役立ちます。

 今回のプログラムは、この位置情報を元に、住所をインターネットから調べて、自動的にフォルダーに分類するというプログラムを作ってみます。もしも、写真に位置情報が埋め込まれていない場合には、「不明」というフォルダに分類します。