PR

 近年僕の周りで、よく聞くのが炭水化物ダイエット。ご飯ものを辞めるというもの。パン、うどん、ラーメンなどなどの炭水化物を摂取しない。

 いやぁこれが美味しいものばかり。ましてやこの新米降り注ぐ秋は食欲も止まらない。このダイエットも僕らまわりの40代おっさんやおねぇさま達は、もちろん痩せたい人もいるのだが、どちらかというと、糖分を控えて太らないようにするという人が多いようだ。

 そうだ、太りやすい年代だからよく耳にするのか。僕などもお腹周りがいい感じ!?になってきた。ふふふ・・・。

 しかしながら若い頃食べられなかったあんなものこんな物を思いっきり食べてしまう年代でもある。もっともこういうのは現代では前座修行した噺家くらいだろうか・・・。

 焼肉屋でビール飲みながらじゃんじゃん肉を焼き、カルビを焼きながら白いご飯も食べ、最後には冷麺も食べたい。わ~、こんなことしてては炭水化物ダイエットの神様に怒られてしまう。

 あ~おなかすいてきたぁ。

 今回は「炭水化物ダイエット」ではない。iOS8にアップデートしたらちょこんと入ってきたヘルスケアやスマートウォッチに脈拍を測る機能になどに代表される健康志向に繋がるであろうアイテムである。

 どれほどデジタルを駆使しようと食べるのは口であり、運動するのも自分自身。炭水化物ダイエットと同じくらい身近で耳にするのが「ウォーキング」。昔からよく、たくさん食べてたくさん運動する、これだ。

 これならそこそこ食べていいはず。それに見合った運動をすることで健康と栄養エネルギーが体内にみなぎるというあんばいである。

 僕なども、寄席の掛け持ちや、仕事の帰りなど一駅くらい歩くようにして、一万歩くらいになればいいと思って過ごしている。バス停だって、一つ前で降りて歩いて帰るとか(なんだかささかやすぎるが・・・)、遠回りしてスーパーに寄って帰るようにしている。
 こう見えてアウトドア派最右翼の噺家として夏場は渓流釣りなどでずんずん川の中歩いたり、たまにひっぱり出して乗るカヌー。まぁうちでも思い立ったときに腹筋や腕立てもする。天気のいい日は自転車で、す~っと走ったりしているつもりだ。

 しかし、しかしである。このところ疲れやすくなったのだ。

 ちょっと前だが、東京駅で新幹線の乗車する際、ぎりぎりになってしまった。以前だとホームに上がる階段を、荷物を持って何度となくひょいひょいと駆け上がり乗り込んだ東京駅の階段。

 最近ぎりぎりということが少ないということもあったが、数年ぶりに駆け上がった。いや駆け上がろうとした。この場所までも結構小走りできたというものあって、一気に駆け上がったら半分くらいで、疲れてしまったのだ。

 目の前に新幹線は見えている。もぉ足は上がらなかった。5mほど先の新幹線の扉がぷしゅ~。行ってしまった。一応、仕事には十分間に合ったことはお伝えしておきます。開演には間に合う男でございます。

 まぁぎりぎり移動はよくないということと同時に体力が少しずつおちてきているという現実。ふ~。