PR

ふだんiPhoneでやりとりするLINEをiPadでも使用可能に

 最近の筆者は、友だちや家族との交流はほとんどLINEのテキストメッセージで行っている。自分から誘ったわけではないが、周りの多くの人が使うようになり誘われたのである。

 LINEは若者によく使われていて、みたいな話があったが、最近では老若男女を問わず、スマホを持っていればLINEをやるでしょ、という流れになっているらしい。とにかく、ダンナのお母さんからLINEで友だちのお誘いが送られてくる時代、さらに会話するようになって、さまざまな写真やスタンプが送られてくる、というのはけっこうすごいなと思う。

 とにかく、音声電話よりもテキストメッセージは手軽だし、ネット環境さえあれば、料金がかからずタダというのも魅力。もちろんIP通話もできるので、イザとなれば音声を使って話もできる。写真や動画なども送れる。それにまた、感情などを表すアイコンが送れる「スタンプ」も楽しいし、グループトークなども簡単。

 筆者と自分の「おかん」(母)は、ソフトバンクの家族通話を使って会話をしている。彼女はガラケーの、しかも限られた機能しか使えない(メールも打てない)ので、やむを得ず電話を使っている。けれども、筆者の母よりずいぶん年下であるダンナのお母さんのように、スマホに機種変してLINEを使いこなすことができれば、キャリアもまたいで、何もかも無料となり、かなり魅力的である。

 ただし、スマホでのメッセージのやりとりは、画面は小さいわ、キーボードも打ちづらいわで、やはりもうちょっと使い勝手の良い端末でも使えたらいいなと思う。基本的にLINEは番号認証を受けたスマホ1台でのみ使用可能というのが基本だが、パソコン用のソフトも提供されていて(Windowsアプリ、Windowsストアアプリ、Macアプリがある)、スマホのIDとパスワードでログインして、パソコンの見やすい画面と打ちやすいキーボードを使って会話することができる。

 パソコンソフトは基本的にテキストメッセージ中心、という機能の制限もあるし、あくまでメインはスマホであって、パソコン用のみで登録して使うことはできず、あくまで補助手段という扱いである。筆者としては、複雑な話や長話をしたいときにはパソコンでやりとりしたりなどで、けっこう重宝している。ただしまあ、パソコンに向かっての作業中ならともかく、LINEのためにわざわざパソコンを起動するのはどうも、という感じもする。

 そんなときに、たとえばiPadなどのタブレットデバイスでLINEが使えたらなぁ、と思う。ただし基本は先述のごとく、電話番号のあるスマホが本筋なので、あくまでパソコンソフトのような補助手段として使えれば、という話だが。

 ところが最近、iPad用のLINEの配布が開始された、というニュースを見て、情報を確認してみると、パソコン用ソフトと同様に、メインであるスマホと併用して使えるという。本当にできたてのホヤホヤ、筆者も待ち望んでいたので、すぐに紹介しよう、というわけだ。

iPad版LINEでは・・・
◆大画面を活かしたアプリで快適にコミュニケーションを楽しもう!
◆ブラウジングをしながら、動画をみながら、気軽にLINEをチェック!
◆自宅ではiPad版、外出中はスマートフォン版、仕事中はPC版など用途に合わせた使い分けも!
(中略)
※iPad版LINEでは、スマートフォン版LINEのご利用を前提としているため、新規アカウント作成機能はありません。iPad版LINEを使うためには、スマートフォン版LINE(http://line.me)にて、アカウント作成を行う必要があります。
※現時点では音声・ビデオ通話機能やスタンプショップ、タイムラインなどスマートフォン版LINEでお使いいただける一部の機能に対応しておりません。

 現時点ではテキストメッセージ中心の使い方にはなりそうだが、iPadの広い画面を使ってLINEのやりとりができるのはなかなかいい。筆者も、居間などでくつろぐときはiPad miniを中心にいろいろ見たりするので、とても勝手よく使えそう。