PR

 いまやスマートフォンに欠かせないアプリとなった「LINE」。家族や友達とのコミュニケーションに役立つだけでなく、ビジネスの場でも活用できるのではないか? 筆者はそう考えている。今回は、筆者が実際に活用している機能を中心に、「LINE」を仕事に生かす方法を紹介させていただきたいと思う。

オススメ機能1●LINE外国語通訳

 まず、おすすめしたいのが日本語から外国語に翻訳できる機能だ。LINEの公式アカウントの中には「LINE英語通訳」「LINE中国語通訳」といったものがある。これを友だちに追加すると、トーク画面でスピーディーに翻訳ができるのだ。筆者は「LINE中国語通訳」を使うことが多いのだが、中国語でメールを書きたいときには、ここで翻訳した結果をコピーして、メールにペーストして使っている。中国語のWebサイトの閲覧時にわからないフレーズがあったときに、これをコピーして、LINE中国語翻訳のトーク画面に貼り付けて翻訳することもある。

 日本語と外国語の翻訳アプリは多数あるが、このLINEの翻訳機能はレスポンスが早いことが魅力。中国語がある程度わかる筆者の印象では、翻訳の正確さもかなり優れているように思う。LINEは台湾を中心に中国人のユーザーも多い。彼らが中国語から日本語に翻訳したいときにも役立つ機能であり、双方のニーズに対応する語彙を備えているように感じている。

「友だち追加」画面を開くと、公式アカウントを検索できる。ここでは「名前またはIDで検索」をタップ。
「友だち追加」画面を開くと、公式アカウントを検索できる。ここでは「名前またはIDで検索」をタップ。
[画像のクリックで拡大表示]
「通訳」と入力すると、翻訳ができる公式アカウントを検索できる。現在、中国語、英語、韓国語が対応している。
「通訳」と入力すると、翻訳ができる公式アカウントを検索できる。現在、中国語、英語、韓国語が対応している。
[画像のクリックで拡大表示]

友だちに追加した「LINE中国語通訳」のトーク画面。日本語を入力して送信すると、ほぼ瞬時に翻訳結果が表示される。
友だちに追加した「LINE中国語通訳」のトーク画面。日本語を入力して送信すると、ほぼ瞬時に翻訳結果が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]
外国語のWebサイトを翻訳したいときにも役立つ。まず、翻訳したい個所をコピーする。
外国語のWebサイトを翻訳したいときにも役立つ。まず、翻訳したい個所をコピーする。
[画像のクリックで拡大表示]

コピーした韓国語を「LINE韓国語通訳」のトーク画面にペーストして送信すると、日本語に翻訳できる。
コピーした韓国語を「LINE韓国語通訳」のトーク画面にペーストして送信すると、日本語に翻訳できる。
[画像のクリックで拡大表示]