PR

 みなさん、モバイルしていますか? モバイル機器というカテゴリーに入る製品として動画カメラの「Go Pro」があります。Go Proは、アクションカムとして世界的に人気の動画カメラです。この小型カメラは、広角レンズだけを搭載し、液晶ディスプレイを廃したシンプルな作りになっています。

 カメラをいろいろな場所に装着できるアタッチメントや防水ケースが充実しており、自転車のハンドルに装着したり、ヘルメットに付けたり、サーフボードの先に付けたりできるので、今までのカメラでは撮影できなかったダイナミックな動画が撮影できます。ウエアラブルのモバイル機器として、スマートウォッチやスマートグラスなど出てきていますが、Go Proは、まさにウエアラブルな機器です。

 液晶ディスプレイが搭載されていないものの、ワイドな広角レンズのため、レンズを向けさえすれば、ほぼ写るため、非常に手軽です。ただ、撮影前に、撮影範囲を確認したい場合もあります。その際に便利なツールがスマートフォンです。GoProと連携できるスマートフォンアプリがリリースされており、スマートフォン経由で、撮影動画を確認したり、動画データをYouTubeアップすることができます。つまり、GoProとスマートフォンを連携させることで、よりアクティブに利用できるのです。

 今回、GoPro HERO3+と、Xperia Z Ultraを連携させてみましたので、ご紹介します。連携は、GoProのWi-Fi機能をオンにして、スマートフォンで認証すると利用できるようになります。

GoProをスマートフォンを連携させると、GoProのカメラで撮影できる範囲の確認できます。
GoProをスマートフォンを連携させると、GoProのカメラで撮影できる範囲の確認できます。
[画像のクリックで拡大表示]

GoProの動画をスマートフォンにダウンロードすることができます。その際に、モバイル向けサイズを選択することができます。
GoProの動画をスマートフォンにダウンロードすることができます。その際に、モバイル向けサイズを選択することができます。
[画像のクリックで拡大表示]