PR

 AndroidのOSが新しくなった。これまではAndroid 4.xが長く使われてきたのだが、久しぶりにメジャーアップデートを遂げて「Android 5.0」へと進化したのだ。

 手元にある「Nexus 5」がアップデートできたので、何がうれしいのかを早速チェックしていこう。なお、いわゆるコードネームは「Lollipop」とされている。これは、デザインから来ているのだろうが、まあ例によってほとんど意味はない。

 さて、最大の魅力はフラット化されたデザインだろう。アップデートした起動画面を見て、ちょっと切り絵っぽく感じた。壁紙は紙を重ねたような風合いで、アイコンも平面的で紙を貼り付けたようなイメージだからだ。シンプルな美しさはとても素敵だと思う。だが、各モデルごとにカスタマイズされると、見るに堪えないごちゃごちゃなホーム画面になってしまいそうだ。ここが、iOSとの最大の違いだろう。

 アイコンが大きく表示されるAndroidスマートフォンは、なんとなく子供っぽいというか、野暮ったく感じるのだが、Android 5.0ではそんな印象は受けなかった。

 なお、今回はAndroid 4.4との比較もしていくが、機種によってさまざまなカスタマイズが行われているので、お手元の端末とは異なる部分もあることをご了承いただきたい。

アップデートした直後の起動画面。最近のトレンドを踏襲してフラットなデザインに変更された。
アップデートした直後の起動画面。最近のトレンドを踏襲してフラットなデザインに変更された。
[画像のクリックで拡大表示]

ウィジェットも良い感じで表示できる。
ウィジェットも良い感じで表示できる。
[画像のクリックで拡大表示]