PR

同じキャリアの人を見つけて、無料通話をしたい!

 スマートフォンでは、夏頃あたりから3大キャリアが月3000円ほどの基本料金で電話がかけ放題になる新プランを始めた。しかし、相変わらず電話料金が従量制となる旧プランを継続している人も多いだろう。

 旧プランは、auやソフトバンクモバイルだと同一キャリア間での無料通話制度が特徴だ。NTTドコモも有料オプションではあるものの、旧プラン向けに無料通話制度がある。auとソフトバンクは、同一キャリアにかけた午前1時~午後9時までの時間帯の電話およびSMSが無料になるというシステムだ(オプションで24時間無料になるプランも)。

 筆者は、ソフトバンクの旧プランであるホワイトプランを契約中だ。友だちや知り合いの中にも、ソフトバンク同士のいわゆる「タダ友」はたくさんいて、おトクな通信手段として無料通話を大いに利用している。もしあなたも、筆者と同様にキャリアの旧プランをまだ契約中で「同一キャリアの無料通話」制度が使えるなら、できる限り活用したほうが良い。

 「LINE」など各種メッセンジャーアプリを使えば、ネット経由の無料音声通話もできる。ただ、基本的に電話をかける方も受ける方もアプリをインストールしなければならないメッセンジャーアプリよりも、元から割り振られている電話番号を使った通話がタダなら、そっちのほうが便利なのは言うまでもない。

 そこで今回紹介するのが、「キャリア分け電話帳」というアプリだ。iPhoneの連絡先の携帯電話番号のキャリアを判別して表示してくれる。無料通話適用時には、アイコンが緑に変わる。このアイコンのタップ一つで電話をかけることもできる。

 また、同じキャリアでない人に、電話料金が半額になる「楽天でんわ」で発信する設定も可能だ。iPhone同士でApple ID宛てにタダで音声によるコミュニケーションができる「FaceTimeオーディオ」にも対応している。

 説明にはこうある。

日本にフィットするようにデザインされたダイヤルアプリです。
アプリで通話をより気軽にお得に楽しんでください。

※楽天でんわ/FaceTimeオーディオに、対応しています。

=特徴=
・1-21時に無料通話が可能な相手をメールアドレス/電話番号から推測します。
・「明朝」フォントを使用した美しいリスト。
・登録の読みが平仮名でもローマ字でも、「あ~わ」にグループ化する連絡帳機能。
・メールはLINEに任せて、電話機能に絞りました。

 ただし、ここからが注意。何番から何番まではドコモ、何番から何番まではau、といったように、どこのキャリアが発行した番号かは、基本的にデータベースから判別できる。しかし、番号そのままで他のキャリアに移行できるMNP(番号ポータビリティ)を行った場合もあるので、万全ではない。ちなみに、筆者所有のiPhoneの電話番号は、もともとauからソフトバンクにMNPした番号なので、こうしたデータベースでは「au」と表示される。

 「ドコモ」と表示される場合はドコモの契約ももちろんだが、ドコモの回線を使ったMVNO SIMの音声通話サービスの可能性もある。

 筆者はこのアプリを目安に、「ソフトバンク」と表示されている相手には、電話をかけたり直接会ったりしたときなどに、キャリアを尋ねることにしている。もし「ソフトバンクだよ。タダ友になれるよ~」という返事が返ってきたら、無料通話を楽しむのだ。

 なおソフトバンクやNTTドコモでは、電話をかけたときに、「プププ、プププ」や「ドコモ♪」という音がして相手が同一キャリアであることを知らせてくれる機能がある。これは、相手のキャリアを判別するよい方法だ。ただし、auを使っているときに、そうした判別をしてくれた覚えはないので、auにはどうやらそういった機能はないものと思われる。

 そんな感じで、連絡先のキャリアを判別してくれて、便利に電話がかけられる「キャリア分け電話帳」をiPhoneにインストールして使ってみよう。