PR
ハイエンドストレージ製品の新モデル「HP StrageWorks XP 10000」
 日本ヒューレット・パッカードは7月12日、ハイエンドストレージ製品の新モデル「HP StrageWorks XP 10000」を発表した。本製品は同社のハイエンドストレージ製品「XP 12000」の拡張性を抑えて、低価格化したもの。ハイエンド製品のエントリーモデルにあたることから、「ハイエントリー・ストレージ」と同社では命名している。

 日本HP エンタープライズストレージ・サーバ統括本部ストレージワークス製品本部の渡辺浩二本部長によると「業務を絶対に止められない、と考えている中規模の企業が増えている。中規模企業は、大企業と違ってシステムにお金をあまりかけれらないことが多い。そこでハイエントリー製品を投入し、この市場を開拓していきたい」という。

 XP 10000は2ラック構成まで可能。1ラックで最大120台のハードディスクを搭載できる。最小構成の価格は6943万6500円。8月上旬より出荷を始める。(倉田 雅弘=日経パソコン)

■問い合わせ先
・日本ヒューレット・パッカード カスタマー・インフォメーションセンター
TEL 03-6416-6660

■関連情報
・日本HPのWebサイト http://www.hp.com/jp/