PR
高い生産性と信頼性、ローコストとエコを実現 ビジネスで使える本格インクジェットが登場! 大容量給紙カセットとインクカートリッジで交換の手間を軽減

 多忙なビジネスの現場では、用紙やインクが切れた場合の補充は意外に面倒なもの。この点でも、PX-B500は正しくビジネス仕様だ。

 給紙容量は本体底面の給紙カセットにA4普通紙を最大500枚セットできるほか、背面のオートシートフィーダ(ASF)と合わせると最大650枚もの大量給紙ができるので、頻繁に紙を補給せずにすむ。

 インクカートリッジも標準のMサイズカートリッジの場合、ブラックで約3000枚、シアン、マゼンタ、イエローで約3500枚の印刷がができる。Lサイズの場合はブラックが約4000枚、シアン、マゼンタ、イエローでは約7000枚、LLサイズになると約8000枚もの印刷に対応する。これなら予備のストックもそれぞれ1つ用意しておけば十分というわけだ。

 用紙の補給やインクの交換は、本体前面の扉を開くだけで簡単にできるのも便利だ。

ユーザビリティに優れた構造
インクカートリッジや用紙の交換はすべて本体前面で操作できる。右上には1行表示のパネルを搭載。インク残量などもひと目で確認できる。
大容量インクカートリッジ
通常のMサイズに加え、より大容量のLサイズ、ブラックについてはさらに大容量のLLサイズを用意し、交換の手間の削減とローコストを実現。

紙詰まり/ノズル詰まり対策も万全

 プリント出力の生産性を落とす大きな原因の1つが、紙詰まり(ジャム)の発生である。そこでPX-B500では紙送り機構を根本から見直し、用紙の先端部分と後端部分を正確に検知する新開発の紙送り機構などを開発、用紙を高速に送った際のジャミング発生率が大幅に低下した。用紙を2枚同時に給紙した場合も、2枚目を押し戻し紙詰まりを防ぐことも可能にしている。

 印刷ヘッドには「ワイパークリーナー」と「自動ノズルチェック」を搭載、ノズルにインクが詰まることで発生するトラブルを大幅に低減するのに成功した。

 「ワイパークリーナー」はプリントヘッド表面のインクをふき取りノズルの目詰まりを防ぐワイパーを常にきれいな状態に保ち、ノズル詰まりを回避している。また、印刷前に帯電させたインクを電極プレート検知板上に落とし、ノズルの状態を自動判別するのが「自動ノズルチェック」だ。「自動ノズルチェック」は同社の大判プリンタではすでに採用されている機能で、A4機ではPX-B500に初めて搭載された。こうした新機能の搭載により、プリント出力の生産性を落とす紙詰まりやインク詰まりが格段に低減したのは言うまでもない。

 ネットワーク機能と両面印刷機能も標準装備で、そのまますぐにオフィスで活用できる。

LANポート・USBポート
パソコンとの接続は、USB接続のほか、ネットワーク経由で共有できるLAN接続(100BASE-TX/10BASE-T対応)が可能だ。
使い勝手がよく豊富な印刷機能のプリンタドライバ

 PX-B500は、プリンタドライバのインストールもウィザードに従っていくだけで簡単にできる。

 ドライバ画面は、用紙の種類やサイズ、印刷品質、カラー、色補正、給紙方法などを設定する「基本設定」、印刷の向きや部数、拡大/縮小、両面印刷、スタンプマークなどビジネスユースに使い勝手のある設定ができる「ページ設定」、手動によるノズルチェックやヘッドクリーニングなどの情報を表示する「ユーティリティ」から構成され、タブを選びクリックしていくだけで簡単に設定できる。

 また、両面印刷機能・割付印刷機能を使うと、用紙が無駄なく使え用紙コストも削減できる。さらにポスター印刷機能を使えば画像データを拡大することができ、それを複数の用紙に出力してつなぎ合わせるだけで大判ポスターも簡単に作成できる。PX-B500 1台で通常使用する小さいサイズの出力物から大きなサイズのポスターまで対応できるのだ。

現在の設定一覧・基本設定タブ画面
プリンタドライバ画面左横の「現在の設定一覧」ウィンドウには、各種設定が一覧表示され一目で状況が分かる。用紙の種類やサイズ、印刷品質、カラー、色補正、給紙方法などは「基本設定」タブ画面から設定する。
ページ設定タブ画面
印刷の向きや部数、用紙サイズ、拡大/縮小、割り付け/ポスター、両面印刷、スタンプマークなど、オフィスユースに使いこなしたい各種機能が並ぶ「ページ設定」タブ画面。


お問い合わせ エプソンインフォメーションセンター
TEL:050-3155-8066(KDDI光ダイレクト) http://offirio.jp/printer/