PR
高い生産性と信頼性、ローコストとエコを実現 ビジネスで使える本格インクジェットが登場! 見やすく使いやすい前面操作パネル
操作パネル
本体前面の操作パネルにはインクの使用状況がグラフィカルに表示されるほか、各種のメッセージがカタカナで表示される。各種の設定は、その下の操作ボタンを使って簡単にできる。

 PX-B500は本体前面に操作ボタンのほか操作パネルを搭載。インク残量が一目で確認できる。

 操作パネル下に配置されたOKボタンとその上下左右に設けられた4つの操作ボタンを使って、ノズルチェック用のテスト印刷や、現在のプリンタの状態や設定値の一覧印刷、ネットワークインターフェイス設定値の一覧印刷などができるほか、IPアドレスも簡単に設定できる。

 インクカートリッジ交換などの各種メッセージもカタカナで表示され、分かりやすい。

低消費電力でエコに優れるオフィスプリンタの新選択肢

 企業に求められている環境配慮の点でもPX-B500は優れている。インクジェット方式は原理的に低消費電力なため、レーザー方式に比べて電気代がかからない。標準装備の両面印刷機能やプリンタドライバの割付印刷機能を使えば、用紙の使用量を減らすことも可能だ。

 「国際エネルギースタープログラム」や「グリーン購入法」に適合。「エコマーク製品」にも認定され、「使用済みインクカートリッジ回収によるベルマーク運動」の対象にもなっている。環境負荷低減をしながら経費削減にも効果を発揮。さらにライフサイクル全体でCO2を低減しているので、まさに地球環境に配慮したビジネスプリンタといえるだろう。

 以上のようにPX-B500は、カラーの大量出力をこなしビジネスで十分に使えるパフォーマンスと信頼性をそなえ、使い勝手やエコ対応にも優れる。オフィス向けプリンタの新しい選択肢としてエプソンが満を持して投入した製品である。小規模オフィスの主力出力環境としての導入はもちろん、そのコスト優位性を生かしてレーザー複合機/プリンタと組み合わせてプリンティング環境の最適化を図ることもできるだろう。PX-B500は、ビジネスでもインクジェットプリンタ時代が到来したことを実感させる待望の製品といえよう。


消費電力・CO2排出量比較

お問い合わせ エプソンインフォメーションセンター
TEL:050-3155-8066(KDDI光ダイレクト) http://offirio.jp/printer/